FC2ブログ
≪ 2019 07   - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  2019 09 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

【マークの練習】

マークの練習の特徴について、私の感想を述べたいと思う。

彼は、非常に練習が始まると、雰囲気が一変する。とにかく
なんというか・・・近寄りがたい雰囲気をかもし出す。

彼が練習を見ている「ディスタンスチーム」は常に緊張感を
もって練習をしている。もちろん練習の中ではメリハリが
あって常に緊張感があるわけではないのですが。

私がUSCの練習に初めて参加した日、ジムに言われた第一声は
「練習中にマークに話しかけないように」と。

確かにアシスタントコーチですら練習中にマークに話しかける
場面は少ない。それだけ緊張感がある練習雰囲気を作る彼は、
本当に「闘将」のイメージそのものです。

トレーニング原理は、オーソドックスで日本で行っている事と
さほど大きく変わったことはないのですが、メニューが多彩で
やっていても飽きないメリハリがある。

全体の流れも、足のトレーニング(KICK)、次に上半身(PULL)。
短いハードセットのあとに長いハードセット。部分的に刺激を
与えて、他の部分を休める方法はとても基本的。

しかし、その普通の事をしっかり「普通にこなせる」事が難しい。
きつい練習が終わっても皆「普通に」筋トレルームに向かい
ドライランドやウェートトレーニングを行うのだから素晴らしい。

どんなトレーニングでも当たり前に「普通に」こなせるように、
まず習慣付ける事が大切なのだと感じました・・・


【食生活は・・・】

今日は週のはじめだというのに、木曜ぐらいと勘違いした。
なぜだろう・・・

WEEKDAYは時間が経つのが早く感じるが、WEEKENDはやることが
なくて時間が過ぎるのが遅い!

もうそろそろ、ロスにきてあそこに行きたい、ここに行きたいと
いうのもなくなってきたので平日の昼の過ごし方を考えなおそう。

外を出歩くとお金もかかるし、2ヶ月後に資金が底をつくのが目に
見えてきたし(T_T)(この日から一日$10生活を始める)

近くにスーパーがあるので食べ物を物色!なっなんと、ニッ○ンの
インスタントラーメンが6つで$1.00!やすッ!思わず大量購入。

今日は早速、一番味に?な「トマトスープ」ラーメンを試した・・・
これが思った以上に◎です!トマト味のスープに麺が入った感じ。
(ってそのままですが)

次のラーメンの味が楽しみです!


【やっぱり日本人】

昨日は、TVばかり(例の「アイロン・シェフ」)見ていてかなり
ぐぅタラしていたので、おいしいものを食べに?外に出かけた。

経済的に昼飯を抜くために、11時にコーンフレークを食べる。。。

毎日同じだから飽きるかと思っていたが、何度も食べても飽きない
「ココパフ」というチョコレート味のコーンフレーク。お勧め♪

。。。しかし、動き回っていたら空腹に耐えられず、結局昼飯。
いつもより高くついた↓

さあ、出かけるといっても特に行くとこもなく、バス代が安いという
理由により「ダウンタウン」に行くことに決定!

ダウンタウン・・・リトル東京!定番。なぜか日本語が恋しくなるのです。
日本語本屋で日本語雑誌を読み漁り(いわゆる立ち読み!すみません!)
心を和ませる♪・・・

もちろん、今日の目的は、おいしい日本食を食べることだから。。。
ほんのひと時の贅沢。$6.00の定食!これまた心が和みます♪・・・

さあ、長い一週間が始まります。しっかり目を見開いて何でも吸収して
日本に持って帰ろう!・・・と励ましてもらった一日でした。


☆本日も当時の日記を金土の二日間まとめてみました。

あまりにもくだらなくて書くも躊躇しましたが、せっかく
ここまで書いたものですから引き返す事もできませんし・・・

<練習のない日の過ごし方>

【2000年6月30日】
今日は電車を使って「ユニバーサルスタジオ」を目指した。
といっても、勿論中に入って遊ぶ資金的余裕もないものでして

・・・要するに、入り口まで行って「行った気分を味わう」事を
目的としたプチ観光である(T_T)。しかし、思っていた以上に
楽しかった。

入り口(要するに有料エリア)に入る前には、多くのスタジオ
関係のグッズ売り場や、飲食店が立ち並んで、時間つぶしには
もってこいでした。

でもそろそろ、ネタ(プチ観光)がつきてきたぞ!三日もいれば
飽きてしまうところは、シドニーと変わらない。明日の午後から
練習が休みになるというのに、特にやることが思い浮かばない。

さあ、どうしようかね・・・

【2000年7月1日】
今日は朝練のみで月曜までお休みです。案の定、特にすることも
なく、スイマーズハウスでテレビを見て過ごす。

この頃選手に日本語で「クイサーン」ってどういう意味があるの?
とよく聞かれる。「???」わからない。

だがその意味が、やっとわかった。

テレビを見ていたらジェフが、「ダイ、ほらほら、これこれ」と
テレビを指差して得意げに聞くではないか。

そのテレビとは「料理の鉄人」であった。日本に比べこっちでは
かなり流行っている人気番組らしい。(もちろん吹き替え版)

その中で、アナウンサーが言う言葉に注目!

「クイサーン」と確かに言っている。言っている。・・・?待てよ!
これってまさか。

「福井さ?ん」

・・・すべて英語でふきかえているのに、福井さんを呼ぶ時だけなぜか
「(フ)クイサ?ン」というわけ。(MRフクイぐらいにしとけよ!)

ちゃんと説明しました。「ジェフさ?ん」と同じ意味だよ・・・と。

次の日から、私は皆に「ダイサ?ン」と呼ばれるようになった事は
いうまでもない。


【バランスドリル】



ゴムの先にベルトの着いた「スイムベルト」(いろいろな呼び名があるが)
を用いた変わったドリルが印象的だった。

このベルトは、ゴムの力に逆らって泳ぐ「レジステッドスイム」や
逆にゴムの力を使って引っ張られて泳ぐ「アシステッドスイム」など
の練習に用いるのが主流だ。

ここでは、このベルトを用いてバランスの練習をしていた。

スタート台にゴムを結び、「ゆっくり」としたスピードで泳ぎ始め
レジステッドスイムを行う。

ある位置になるとその場でとどまり始めるが、その位置で左右に前後
に揺れないように20掻き泳いで、そのあとベルトをはずして25m
を全力泳。もちろんバランスを意識することが重要。


道具は、使いようなんですね。いい勉強になりました。。。


☆自分の過去の日記を読み返すというのは、思い出を呼び起こし
楽しい作業なのだが、よく読むとくだらないことばかりで人様に
お聞かせしてもしょうがないものがたくさんあると気づく・・・

ということで、省略、省略をして三日分の日記をまとめて。。。
私がどんな生活をしていたか、伝われば。

<昼休みの過ごし方>

【2000年6月27日】
今日は朝練後、チャイニーズシアターを観にスイマーズハウスを
出発!昔、大学の友達と来た時の風景とは少し変わっていた。

一番ビックリしたのは、皆で泊まったホテルがつぶれていた(>_<)
かなり大きなホテルだったのに。

結局特に何をするわけでもなくぶらっとして帰る。旅行に来たわけ
ではないので贅沢はできないから。気分だけでいいんですよ♪

【2000年6月28日】
今日は最悪な一日だった。また「プチ観光」第二弾。サンタモニカへ。
これまた思い出の地、サンタモニカビーチを目指すがバスが来なくて
途中で引き返す。練習に間に合わないとまるで意味がないし!

夜には体調を壊したのか、腹をくだして何も食べる気がおきない。
栄養不足だ、絶対に。衛生的にもここは危ない。うーーーーーっ!!

【2000年6月29日】
今日こそはと、サンタモニカへ向かう!体調もイマイチだったが
何か昨日は腑に落ちない部分があったので、むきになっていたのかも
しれない。

バスを待つこと30分。バスに揺られて1時間半。やっとの思いで目的地
サンタモ?ニカに到着♪・・・かといってこれといってやることがない。

海に出てみる。いつも海を見ると日本を思い出す。寂しい気持ちになる
反面、頑張ろうという気持ちになるんです。

さて、バスに乗って練習に向かうも、とんでもない方向につれていかれ
危うく練習に遅れるところだった↓危ない!!

でも今日はいい昼休みだったかな・・・


☆っていつも遊んでいるようですね。。。いやいや、そんなことは♪


【ゴルフに挑戦】

本日は、試合の次の日とあってさすがに休日です。久しぶりに9:30起き。
皆も昨晩宴会でドンちゃん騒ぎをしていたのでリビングで寝ている私を
起す者は誰一人といない(ラッキー♪)。

せっかくの休みだから、ロスの町を練り歩こうかと準備をしていたら
同じスイマーズハウスに住む選手に「ダイ、ゴルフに行かないか?」
と誘われた!・・・本当は、義理で誘ってくれたに違いない!

しかし、そんなやさしい心遣いに気づくこともなく、もちろん行きたい
ので「下手だけど、いいのか?」なんて聞いてみたら・・・

「大丈夫!大丈夫!」との返事。ちなみに私のゴルフ経験はシドニーで
ホストファミリーのヘザーとバーバラに連れて行ってもらった一回のみ。
私の方から断るべきだったのだろうが・・・

「図々しく生きる」これは私が海外で学んだ教訓の一つだ。

日本人は遠慮がちで海外の人から見れば、イライラするようだ。ならば
その土地の習慣に便乗して楽しむべし!(これ大事!)

まあ案の定、みんな上手でおもいっきし迷惑をかけたな・・・

はじめの9ホールは、絶好調だったのに、戻りの9ホールは最悪だった。
玉が上がらずゴロのオンパレード!結局、カートに乗らず玉に向かって
打っては走り、打っては走り・・・いい運動になった(T_T)

さて、今夜はゴルフにお金をかけてしまったので、吉野家の牛丼並盛り
$2.75で我慢することにします。

では、また明日。久しぶりの練習です・・・


【ミッションビエホ大会最終日】

マークはチームとしての試合をとても重視しているという。
体操・ウォームアップ・応援は全員でやることをほぼ全試合で
義務付けているようだ。

朝の体操後にミーティング。昨日の試合結果を発表して皆で拍手!!
そして今日のことについて少し話して選手を励まし尻を叩いた。
最後には、皆で掛け声!!とてもチーム全体がまとまっている。

チームの応援の仕方は、その時その時の思い付きバージョンが多い。
それにしても、まとまりがあってなじみやすかった。水泳だといえ
チームワークが大切なのが改めてわかった素晴らしい試合だった。


この大会では、日本チームの仕上がりは上々に見えた。タイムも良く
表情も柔らかい。アメリカの試合だろうが表彰台を独占する場面も
あった。

帰りの車の中で「日本人は良く頑張っているね。アメリカ人相手に」
みたいな事を言われて、ムッとしてしまいかけた。

私から言わせてもらえば、そりゃオリンピックでメダルを狙っている
選手たちなのだから当たり前だ!!といってやりたかったが(抑えて♪)
まだまだ日本は水泳発展途上国だと思われていることが悔しい!!

「アメリカ人はこれから調子を上げてきてオリンピックでは最高の
パフォーマンスをするから気をつけろよ!」とも言っていた。。。

これが強がりに聞こえないから、今後の練習が楽しみだ。


【渡米して一週間】

今日も早起き6:30に起きた。慣れてきたので苦でもなくなってきた。
(人間の「慣れ」って素晴らしい!)

今日は気づけば最終日。あっという間であるが、かなり疲れはたまって
いた。陽が容赦なくガンガン照りつけるここカリフォルニアの南部。
自慢の顔も台無しになるくらい、鼻がイッてしまった(T_T)

これからの事を考えると「サン・ブロック」(日焼け止め)は必需品に
なりそうである。


こちらに来て、もう一週間が経とうとしているが、振り返ってみると
とーーーーーーーーーっても長く感じた。この頃、日が経つのが早い
と感じていたが、「この一週間が長く感じた」ということは、色々な
出来事がめまぐるしくおきているからだろう。

大会も終わりひと段落して、疲れが溜まっている私だが、私のベッド
(要するに寝床のリビングのカウチ)で宴会が始まり眠れやしない!
ここぞとばかりに酒をガンガン飲む選手達。(・・・すごいよ君達は♪)


【チームの決まり事】

アメリカでも日本と同じようにチームの規律は非常に厳しい。
特にUSCというチームは特に厳しいようだ。自由奔放なイメージ
がある人も多いかと思いますが、意外とそうでもありません。

マークは、試合中は必ずチームのユニフォームを着ることを選手に
義務付けていた。当たり前の事の様だが、大事なことだと念を押す。
チームとして戦う意識を高める為に必要な事だとマークは言っていた。
(私も、チームに来て早々でしたが同じTシャツを頂いた)

ウォーミングアップはチーム全員で行っていた。ショートコースの
アッププールで全員がマークの作ったメニューを行っていた。
これは結構ビックリしたことだった。日本では、アップはすべて
本人任せな部分が多い(実際自分はメニューはもらったことがない)。

レースが終わっても必ずレースを見ることを義務付けていた。これは
レースが終わっても他のレースをみることによって学ぶことが多いから
だとマークは言っていた。これもまた当たり前に聞こえるが、実際これ
を実行できる選手は多くない。

応援は、楽しそうにやっていた。もちろん私も混ぜてもらいました。
大御所マークも、選手と一緒に応援している場面を見ると本当に楽しそう。
大会では練習と違い、緊迫感は全くなくとても和やかなムードである。


日本チームは、約2ヶ月後に控えた本番に向けて上々の出来のようです。
リレーもほぼ全員が専門外の種目にも参加していて雰囲気も柔らかい。
今回のチームはアトランタの時期に比べると年齢層も上がりマスコミの
対応も慣れてきているようだった。

☆ちなみに日本から多くのメディアが集まっていた。その中に、その後
シドニー五輪でお世話になった記者の佐々木さんと初対面した。
(その節は本当にありがとうございました。お元気ですか、佐々木さん)


八尋 大 (ヤヒロ ダイ)

Author:八尋 大 (ヤヒロ ダイ)

ふてぶてしくも日本人短距離スイマー
世界一選手育成を夢見てやまない
競泳コーチ八尋のコーチング日記

◆プロフィール◆
BLAST WAVE aquatics
代表兼ヘッドコーチ

国士舘大学水泳部コーチ
ロンドンパラリンピック日本代表コーチ

BLAST WAVE "ホームページ"
logo_logotypemaker (2)

◆スタート映像


◆クイックターン映像


◆バケットターン映像(水上)


◆バケットとタッチの比較映像





主な個人サポート選手】(2015年現在)

◆木村潤平選手(NTT東日本)


◆小山恭輔選手(Coloplast)


◆森下友紀選手(千葉ミラクルズ)

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31