FC2ブログ
≪ 2019 11   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - -  2020 01 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

【良いイメージを持つ事はとても大切ですが…】



ここぞというレースが控えている前に

ネガティブなイメージを持つという事はとても

勇気がいる事のような気がします。




BESTを出す自分をイメージして

常日頃、練習に励み

そのレースで自分ができる最高の泳ぎをする!




誰もがそのような展開を望んでいるし

その為に頑張るのですが…




うまくいかなかった時のことを

皆はイメージできているのでしょうか。




例えば

100、200のレースを控えている選手。

100が得意だとして

初日に200がありました。




得意か不得意かと言えば不得意ではなく

調子も良かったのに

(この調子というのも曖昧な感覚ではあるが)

うまくいかなかった時の心理を

想像できるでしょうか。




大体【自称 メンタルが弱い選手】が行く末…

100まで引きずって『自滅』してしまう。

最悪なシチュエーション…




それを選手は、想像でしているでしょうか。




良いイメージしか想像していない選手は

想像していない結果に辿ってしまった時…

コーチが、いくら良いアドバイスをしても

選手の心に届くのでしょうか。




勝つためには、最悪の状況も想定して

そうならない為にはどうしたら良いのか

また

そうなってしまったらどう考えるべきか…




それが心の準備というものかも知れません。




コーチとしては、選手が落ち込んでいる時

どうやってその状況を打開すべきか…

これも事前準備が必要なのかも知れません。




孫子曰く…

悲観的に準備をして、楽観的に行動をする。




こうなったらどうしようか

ああなったらどうしようか

スタートが深くなったらどうしようか、みたいな…




でも

『どんな状況になっても大丈夫』といった

悲観的な予測からの準備と…




こうなったとしても、こうすればいい

こうなってしまったら仕方ない…

こう考えてみてはどうだろうか、という




楽観的な行動に繋げる『プラス思考』を

事前にイメージしておく事も

勝つためには必要な技術としてなのだと

感じました。




これは、あくまで

八尋的思考なので、賛否両論あると思いますが

ご参考まで。

【自分が勝ちたい時の必勝法とは…】


私が師と仰ぐコーチが愛読している本

『孫子の兵法』

私も読んでみたいと思っていたのですが…




中国の古典書で何せ、難しい…




国語力が乏しい私にとって

とてもハードルが高かったのですが…




確か先日

コンビニで目に止まった『超訳』と書かれた

その本に手を伸ばして…

買って読んでみたら、何とも面白くて

アイデアがわいてきたので、ブログに書きとめ

どなたかが、何かの役に立てば

幸いです。。。




ここ数日

全中予選、インターハイ予選、JO予選などなど

大きな大会に出るための

緊迫したレースが各会場で行われていました。




やりました!切りました!と言った報告。

とても嬉しいですし、自分の事のように

心が踊りますが…

ある意味コーチとしては、想定の範囲内。

要するに

普通にやれば行けるだろうという、ある種

確信が私の中ではあったのも事実です。




ただ、難しいのは

その力を持っているとしても

ここぞという時に発揮できるかは

勝負の世界、やってみないとわからない…

そんな選手がほとんど

いや、気になる選手はほぼそのカテゴリーに

入っていたと言った方が正しいのか。




今回は、残念な結果の報告の方が

記憶に残るせいか、多かった様に感じました。




私にも何か出来たのではないか

そんな思いで、本を読んでいたら

目に止まった文面

孫子曰く…




ダメ将軍になってしまう『五危』

五つの危険性をあげています。

ここでは気になった二つだけ解読します。




◆必死ではいけない




頑張る事は素晴らしい事だけれども

『死ぬ気』までいくとどうしても

【思考力が鈍ります】

当たって砕けろでは、それは勇気ではなく

無謀… 策を見余る。冷静な展開ができない。




わかる気がします。




私も、死ぬ気でレースをした時に

うまく行ったためしが無い!逆に

今まで出来たことができなくなったような。




◆必生も危ない




絶対に目標を達成するぞ!などの気合いは

時として過ぎれば、無謀になりかねず…




『達成の思いが強すぎる』と

【失敗するわけにはいかないと臆病になる】

事が、多くなると言っています。




これもわかる気がします。




決勝に残りたい、全国大会にいきたい

という思いが強いだけに

必ず生き残ろうという思いが過ぎれば…




臆病になる。




本来の動きを見失う事もあるでしょう。

これらは失敗するケースおいて

予測しておかなくてはならない

心構えかもしれませんね。




つづく




【全てのレースで完璧は求めない…】


4月から7月にかけて

ジュニアや、学生、マスターズも試合が続き

BESTを出す者、そうでない者…

まずまずだと思っていますが




レースに出るからには

皆、全てにおいて『BESTを狙って』

泳ぐのは当たり前。




『いい経験になりました』なんて

正直、言い訳がましいしと…

私も現役時代は、強く思っておりました。




確かに【結果】を求められている者であれば

結果を出すという事は、とても大切ですし…




五輪、選手権、インカレ、インターハイ、JOなど

TIMEでカットオフされる時であればあるほど

結果がどれだけ重要か。

コーチとして

勿論わかっていない訳ではありません。




ただ、TIME競技は、その瞬間や一瞬で

全てが決まるのですから…

それまでの過程は、ステップである事を

忘れてはいけません。




大切なのは、その過程で何を学び

どのように作っていけばよいかを考えて

いかにいい物を 作り上げていくか…

ではないでしょうか。




最後の最後は『ねじ込む』ぐらいの

強引さは必要でしょうが…




やはり、結果を出す事ばかりを気にして

スタート台に立っても

なかなかいい泳ぎができないのも事実。




これまでの試合で得たものを

どんどん次に繋げていくぐらいの意気込み。

ちょっと悪くてもめげない覚悟。

目先の結果ではなく、一歩先を見据える余裕。



まだまだ夏は、これからですよ!

次に向けて、どんどん進んでいきましょう!



ここで一句…

ロスタイムでも

ゴールを決めれば

勝ちは勝ち!

字余り

【夏本番前に、右太腿肉離れ…】


選手たちには、いつも散々

怪我には注意するように!なんて

偉そうな事を言っている私が…




情けない事に

右太腿裏の肉離れの怪我を負ってしまいました。

おまけの右膝頭も大きくズリ剥けて

何ともハヤ。。。 (T_T)




昨年、6月に肘を骨折し

全治6カ月で完治した12月から

コツコツ試合に出始めて

調子も上がってきた矢先に…




肘を骨折した時

もう本調子で泳ぐのは無理かと

気持ちが落ち込んだ時もありましたが

それに比べれば…




今回は軽症ですみました。




いつも選手には

怪我の巧妙なんて言葉があるように

怪我をして得る事も必ずあると言い

現にそのような選手を何人も見てきたし

私自身も実感しましたが…




やはり凹むモノですね…




ただ、今はじっくり治す事しかできず

焦る事が一番やってはならない事であり

今できることを一生懸命頑張れば…




「ここぞ」という時に備えて

その時を待つことが、一番大切なのだと…




先日、ある選手に伝えたばかりでした。




いかに、元気だということが幸せか。

怪我をしなけりゃわからない。




本当に残念な私ですが…

後悔してても治るわけじゃないから

今は、先を見据えて

できる準備をしたいと思います。




皆さん、私みたいになってはダメですよ!

( ´ー`)フゥー...




【一緒にチャリティースイムに参加しませんか?】




日が近いのですが

今月、4/20日曜に相模原短水路にて

チャリティースイムが開催されます。




震災から日々が経ちましたが

我々の知らないところで

まだまだ復興には時間がかかっている

そんな現状を忘れない為にも

皆様のご参加お待ちしております。




私は、BLAST WAVE で参加予定ですが

私のチームで宜しければ

普段所属のチームは違う方でも

私のチームから申し込み致します。




一人ではという方や

申し込みがわからないという方

申込しそこねた国士舘大の学生でも

みなウエルカムです!

(一応、所属の方とトラブルが無い様に)




一人四種目まで。一種目500円。

諸手続きにかかる費用は割り勘で。

八尋も家族で参加致します。





お申し込みは下記のアドレスから

可能です、ポチ。

お申し込みは→コチラから

〆切りは、4/14 月曜日23:59まで




ご検討よろしくお願い致します m(_ _)m

八尋 大

【東京都春季記録会を振り返って…】


土日、レースに参加した選手の皆さん

応援に駆けつけてくれた裏方の皆さん

二日間、お疲れ様でした。




私も二日間辰巳に通いましたが

なかなか感じるものが沢山あり

コーチとして、スイマーとして、

とても刺激的な二日間でした。




ジャパンオープン突破を狙うにも

短水路では今回が最後になるだろう

今大会で

滑り込ませてきた選手は、やはり…




さすが!




の一言につきます。

本当におめでとうございます。




国士舘大学からは、三名追加で

6月のジャパンオープンに参戦致します。

齋藤暢力選手 50Fr

福山直人選手 200IM

二宮大地選手 200IM

おめでとう♪




強い覚悟をもってして努力すれば

必ず道が開ける、と三人から学びました。




逆に悔しい思いをしている選手。

これがまた、手に取るようにわかります。

今は、悔しいという気持ちを噛み締めて

次は必ず自分こそが… と奮闘してほしい。




人間が強くつき動いていく時とは

こんな日がきっかけだったりするものです。

どのようにとらえるかは…

あなた次第です。

ただ時間は、待ってくれませんよ。




そうそう。話は変わりますが

表題にも書きましたことは、今回の

皆のレースをみて感じた事です。




速い選手の共通点。

特にここでは、泳ぎの技術の話しですが

『ストロークの速度』と『体幹バランス』が

大きく違うと感じました。




速い選手のストロークの特徴は

鋭い水中の掻き!それを支える体幹!

腕の力だけではなく、体幹からの動き。

それが止めどなく毎回繰り出されている。




当たり前の事なのですが

そこに目をつけて、練習に励んでいけるか。

何をすればそれに近づけるのか。

練習で追求していかなければ…

ただの根性練習になってしまう。




そろそろ根性だけで叩いていっても

出てくるのは微々たるもの、、、

そんな時期に差し掛かってきています。




この一ヶ月は、これまでつくってきた土台に

知恵を絞って泳ぎを磨き上げていく。

正に、シェーブ。




後ろを振り返ってあたふたせずに

今までやってきた事に強く自信をもって

前へ前へ突き進んでいきましょう!!!




【マスターズではなく、なぜジュニアの試合に…】


先週末、マスターズは

千葉国際でCMCがあり

我らがBLAST WAVE も参戦!

年始めの初レースだった方も多かったようです。

お疲れ様でした。




私はといえば

BLAST WAVE ジュニア選手を引き連れ

辰巳の新春記録会に参加しておりました。




この記録会には

国士舘の選手も参戦!

Style1ジュニアの選手も多数参加しておりました。




そんな中、アラフォーの私も

お邪魔にならない様にレースにも参加し

また多くを学びました。




私の様にチームを引き連れて

自らもレースに出ているのは

大先輩のノムラスイミング葛飾の野村コーチぐらいで

かなり稀な存在ですが…




ジュニアの大会に四十路オヤジが何の為に?とか…

コーチとしてきている試合でしょ?とか…




そんな疑問を持たれる方がいるのも

重々承知ではございますが…




それには、色々なこだわりがある訳です。




一番大きな理由は…

『身を持って示したい』という事でしょうか。




オーストラリアでコーチング理論を学び

日本に帰ってきて驚いた

マスターズの方々の水泳に対するパワー。

年齢を言い訳にせず

水泳の本質を極める事に情熱をもち

日々努力をされている。




本当に水泳が好きで、義務ではないから

貪欲で熱心!向上心も選手以上!…

いやいや、マスターズスイマーは選手以上の選手。




私が、ジュニアで試合に出ていた頃

こんな気持ちで水泳をしていなかった事に

少し後悔をしています。




最近はよくわかります。

速くなることの追求は、無限に続き

一生では、極めきれない。




また、自分はまだどれぐらい行けるのか

興味深い…




もし、10代20代の選手たちが

もう歳とってきたから無理だわ!ハハハ

何て言っているのならば…

それはただの言い訳です。

(恥ずかしいからやめた方がいいよ)




私は、野村コーチほど速くはありませんが

何かを感じてくれる選手がいたり

レースに出る意義を考えてくれる人がいたり…




ベストが出なくて苦しんでいる人がいたら

私は、36歳でベストが出ました。

諦めずに続ければ

必ずまだその先に行く事ができると

身を持って示したい。




学生として、高校生として

水泳をする事は、時間に限りがあります。

確かにピークはあるかもしれません。




ただ、限界とは肉体より精神が先に感じ

諦めたらそこで終わりだと…

どなたかが言っていたのを覚えています。




私が、ジュニアの大会に出る理由は

まだまだ他にもたくさんありますが…




そんな事を考えているのだと…

知っておいてください。

【ドリル100選のアイデアを出してみる…】


水泳のドリルを行う上で

大切だと思っていることは、まさに…

何を目的にそれをおこなっているか!

何を目的にそれをおこなっているか!

ではないでしょうか。




ただし

ひとつのドリルに目的は一つではなく

無数にあると思うわけです。




例えば、掻きが上手くなりたいのであれば

キャッチ、プッシュを意識したドリル

例を上げれば、スカーリングや片手や両手のストローク…




ただ、スカーリングであれば

キャッチやプッシュだけではなく

姿勢を意識しながら行えば

姿勢の練習にもなりますし…




逆に目的を理解して(考えて)いないなら

ただ手をヒラヒラさせていて

本質的な動きにはほど遠くなってしまい

ストロークへのコネクションも生まれないのでは…




言えることは

正解は無数にあって

肩甲骨から動かしたいからスカーリングとか

コアを連動させながら片手ストロークとか

肘先の回内、回外、屈曲、伸展を使い

リアスカーリングなどなど…




何かワンポイントの意識を持って

オリジナルドリルやお気に入りドリルをみつけ

コンビネーションに繋げてみてはどうでしょうか。




⚠注意⚠

ドリルとは

コンビネーションの時に活きた動きを

分割して身体で覚える為の技法の一つ。




ゆえに

キャッチがうまくなっても

動きに連動性がないと

ただの『ナイスキャッチ』で

終わってしまいます。




おすすめは

ドリルの後に必ず、スイム(コンビネーション)を

混ぜて【意識】をする事です。




25mドリル

25mスイム(コンビネーション)

が基本形にするとよいのではないでしょうか。




◆ドルフィンキックのドリル

◆体幹のストレッチを意識したドリル◆

※全てコアをドローインした状態で。

#21 ストリームラインキック (ドルフィンキック)

#22 ストリームラインキック (片脚:右)

#23 ストリームラインキック (片脚:左)

#24 サイドキック (片手前)

#25 サイドキック (ストリームライン: フィッシュキック)

#26-#30 (#21-#25を水中で)

#31-#35 w/フィン (#21-#25をフィンを着けて)

#36-#40 w/フィン (#21-#25を水中でフィンを着けて)




基本形は、水面で行います。

足の表面と裏面で水をとらえる意識や

コアから、骨盤からの動きの意識

サイドキックでも曲がらずに進むなど

様々な意識をもって練習をすると

より効果が高いでしょう。




背面で行うなど

応用系のドリルも様々です。。。

【水泳のドリルを100種類考えてみた!】


来年1月の初旬に

初の試みで、長岡にて合宿を行う事になった。




学生たちは、3日から練習ができる事は

毎年、年末年始にトレーニングができなかった

デメリットを補う事ができ

より1月からのレースにむけての準備が

行いやすくなりました。




回数も一日の三回練習を確保し

多彩なプランでトレーニングが行えます。




一つ学生に提案したのは

夜の一時間の練習で泳ぎを整える意味も兼ねて

ドリル(フォーミング)を行うので

『マイ ドリル100選』を考えてくる様にと

宿題を出してみました。



何のためにドリルを行い

どのように行うと、どんな意識ができるのか。

一人一人考えてもらいたくて

考案してみました。




ただ、私も投げやりに投げつけておくのも

無責任ですので…




八尋的… (八尋流)

ドリル100選を提案したいと思います!

何かの参考にしてください。




◆体幹のストレッチを意識したドリル◆

※全てコアをドローインした状態で。

#01 フィンガーネイル (Fr)

#02 ストレートアーム (Fr)

#03 ショルダータッチ (Fr)

#04 ヘッドタッチ (Fr)

#05 ショルダー&ヘッドタッチ

#06-#10 w/fins (#01-#05をフィンを着けて)

#11-#15 w/pads (#01-#05をパドルを着けて)

#15-#20 w/fs & ps (#01-#05を手足を着けて)




道具の組み合わせで

本数を増やすパターンですが… (とりあえず)

片方ずつ(右手、左足/左手、右足)などなど

他にもバリエーションはアレンジ豊富です。




つづく…

【実行→反省→考察→改善→実行】


ある方からご質問がありました。

>ここぞという時に出したい結果を出す為に
>時期によっては
>内容に目を向ける勇気が必要ではないか…

中略) 少しだけ噛み砕いて教えてください!!





※まずこの話は

私の一個人の意見なので

様々な意見の一つだと思って

読んでくれる方のみ…

読み続けて下さい。




私は、現役(10代~21歳)の頃

全ての大会において

ベストを出すつもりでレースに挑んでました。




当たり前のように

心… モチベーション

技… 技術、能力の充実

体… 体力、耐力の充実

三つがうまく噛み合わなくては

なかなか思い描くような結果が

毎回たどり着くわけもないのは

わかってはいるものの…




選手とは…

落ち込む生き物なのです。




ただ、最近

コーチとしての視線で

多くのスイマーをみていると

様々な傾向がみえてくるわけです。




昔の私のようなタイプは

ベストを出すことが目的であるのは

当たり前であり、悪い事ではないのですが…




結果へたどり着く為のプロセスというか

やるべきタスクが何なのかを

あまり考えていなく

他者(特にコーチ)に依存していて

考えて何故行動するのかという事を

あまり考えていない傾向にある様な

気がします。




それが昔の私です。




そんなタイプは何故か

タイムが出ないとよく落ち込む傾向にあり

それが悪循環して

意欲 (モチベーション低下) に繋がります。




昔の私をみていると

笑えるくらいに頑固者でプライドが高く

正に、そんな選手でした。




人を教えていると

客観的に物事が見えてくるというか

要するに…




失敗する事に恐れていて

全てに完璧を求めてしまうがゆえに

レースでは常にベストを出すことが

大切だった。




ただ、それならば

それなりのプロセスをたどっていての

結果だったかといえば

結果は必然だったわけです。




簡単に言えば、『あさはか』…




ゆえに

ここぞという時に出したい結果を出す為に

しっかりとステップ(段階)を踏んで

登っていくイメージを持ち

失敗を恐れず(勇気を持って)

より良い泳ぎを作っていけるように

内容に目を向ける必要があるのではないか。

という提案です。




より良いものをつくっていくには

練習で試している事を『実行』し

レースの映像やタイムをみて『反省』し

より良くなる為の次の一手を『考察』し

練習でそれを習得する為に『改善』して

次のレースで『実行』する。




これが、やるべき準備なのではないか。

それがしっかりとできて

失敗に失敗を重ねてこそ

素晴らしいものが生まれるのでないか。




世界記録保持者であれ

常にベストが出続けていた選手なんて

いるのでしょうか。




受け入れて、向き合う『勇気』が

昔の私にあれば…

もう少し速かったのではないかという

おせっかいです…

八尋 大 (ヤヒロ ダイ)

Author:八尋 大 (ヤヒロ ダイ)

ふてぶてしくも日本人短距離スイマー
世界一選手育成を夢見てやまない
競泳コーチ八尋のコーチング日記

◆プロフィール◆
BLAST WAVE aquatics
代表兼ヘッドコーチ

国士舘大学水泳部コーチ
ロンドンパラリンピック日本代表コーチ

BLAST WAVE "ホームページ"
logo_logotypemaker (2)

◆スタート映像


◆クイックターン映像


◆バケットターン映像(水上)


◆バケットとタッチの比較映像





主な個人サポート選手】(2015年現在)

◆木村潤平選手(NTT東日本)


◆小山恭輔選手(Coloplast)


◆森下友紀選手(千葉ミラクルズ)

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -