≪ 2005 09   - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 -  2005 10 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


※先日の勉強会を振り返る...

【公認コーチ 指導員研修会に参加!】


年に一度の刺激的な時間

水泳コーチの資格更新の為の研修会に

参加して参りました!



私も気づけば、水泳指導に携わり数十年。

今では、フィットネスクラブインストラクターの研修も

講師としてお仕事を頂く立場にもなり...




水泳を学ぶ側になって勉強ができる事は

とても刺激的で

その後の指導の幅も広がることも多く

貴重な時間であります。




今回の研修では

二名の講師の方のお話を伺う事ができ

とても勉強になりました。




お二人はたぶん事前に打ち合わせを

していなかったと思われますが...




共通の【キーワード】をお話しされて

ちょっと驚いたというか...




最近のブームといいますか

注目されている事は『コアのスタビリティ』

とでもいいましょうか

腹部の使い方が色々な勉強会で

話題になりますが...




今回の講義の共通ワードは

【腹式呼吸】でした。




呼吸やコアの使い方や表現は

とても興味深く、個人的にも勉強していて

とてもピンポイントといいますか

私も考えているので方向性は

あながち間違えではなかったことにも

確信を感じることのできる時間でした。




ただ、いい講義を聞いても

いい指導に活かせるかは、私の腕次第。

しっかりと現場で活かせるように

また日々精進致します。




このblogも

もっとしっかり更新していきます!

頑張ろー!オレ


【年の暮れ頃に、一年を振り返るにあたり...】


ベタで申し訳ございませんが

今年一年を振り返りながら、考えてみた...

八尋的、流行語大賞!







それは間違えなく...【ドローイン】でしょう☆




八尋のレッスンの中で

この『ドローイン』という言葉を何回

連呼したダロウ...




ググってみると

⚪⚪式ドローインとか

腹筋、凹ます、横隔膜などなど

腹部についての用語が並び...




まあ

私も間違えた事を言っていなかったかなぁ。

(ホッとしました...)




なんせ、はじめは受け売りで

八尋的理解で、どんどん水泳寄りに

表現や発想が変わっていったので

間違えた事を教えていなかったか

若干フアンであったのですが ( ̄▽ ̄;




初めはあるお客様の一言で

ハッとして自覚し始めたのですが...




お客様 X 『ヤッヒー最近、太ったよなぁ』

八尋『はぁ、まぁ』

お客様 X 『ただ泳いでる時の腹は凹んでるんだよね』

八尋『??? 確かにそう言えば...』




確かに、速い選手の腹部って

色んな映像を見ていてもやたらに

あばらが浮き出ていて

ものすごく... 凹んでいる。




それが普通で

特に意識もしていなかったから...

水泳をこよなく愛するマスターズスイマーの方々に

私のお腹が目に留まったわけで。




水泳のコーチをしていて

とても気を付けていることですが...




学ぶ側に

そんなの当たり前だよね♪

という期待をしてはいけない!




我々泳げる人間にとって

当たり前の事は

決して万人に当たり前ではないのです。




それを肝に命じて仕事をしておりますが

まだまだ未熟者でした。




来年も更にわかりやすい指導を心掛け

一人でも多くの方々が

泳ぐ楽しみを味わっていただけるように

日々精進致します。









【守らず攻めていた30代を思いだし...】



今日たまたま、レッスンの空きがてら

前にいた会社の運営しているスタジオに

足を運んでみたら...




草野コーチが一人、パソコンにむかって

お仕事をしておりました。




最近、彼も実家のある埼玉に移り住み

レッスンがほとんどかぶらないので

会う事も少なくなってしまいましたが...




会社を一緒に興す前は

よく一緒にケーキを食べながら

あーでもない、こーでもないなんて

話をしていたものでした。




私がこの仕事を始めた頃は

似たような事をしている同世代は少なく

先人の背中を追っているだけで

右も左もわからずに

好きな水泳で飯を食うにはどうすれば...

なんて試行錯誤している時に




とてもよきライバルといいますか

理解者といいますか

尊敬しているコーチの一人でした。

もちろん今でも...




こういう仕事をしていると

ふと、将来が不安になって

途方にくれることも無いわけではなく

10年先、何をしたいんだろうなんて

自問自答すると恐ろしくなるというか...




ただ、昔は、後ろも振り向かず

倒れるなら前に倒れてやるぐらいの

野蛮さといいますか、アグレッシブさ♪

あったものでした。




40代になり

こんな10年にしたい!みたいなイメージが

思い浮かばない日々に

カツを入れようにも

なかなか入らなかったのですが...




今日は何か、昔を思いだし

また一から頑張ってみるために

ひと押ししてもらったような気がしました!




人は人に刺激をもらうことができて

そこから何かのきっかけを掴む事ができる。

そんな仲間がいてよかったと...

つくづく彼には、感謝☆




【今日は水泳の話ではありませんが...】


自転車の大会にエントリーしてみました...

と言っても

愚息1号、2号、3号達ですが...




最近、息子共々

自転車漫画『弱虫ペダル』にはまっておりまして

ロードレースに出てみたいとか...

ロードレース自転車に乗ってみたいとか...




ちょっと最近の休日の過ごし方を

もっと有意義に過ごしたいと

思っておりました、今日この頃...




勢い余って

ググってしまいましたら...




初心者でも、小学生でも

出場できそうな大会なんて...




あるもんですねぇ♪




はじめは、20分程度のレースだなんて

物足りないなぁなんて思っていたら




思った以上に

ハードな競技だということが判明!




シクロクロス... って何だろう。

これもググってみたら




シクロクロス - Wikipedia




Wikiで調べてみたら

驚くべき写真が!





( 写真: シクロクロス - Wikipediaより )




カツイデイル ( ̄□ ̄;)!!




障害物が所々ある...

不整地な道を走る...




大丈夫なのか?!




まずは、愚息たちに

自転車のかつぎ方から教えなくては...

今度の休みはまた自転車だな。


【気づけばもう11月も月末ではないか!】



あまりネガティブな発言は嫌いなので

こういった公共の場では楽しい話を

たくさんしたい!

と思っております故に...




なかなかブログを開けない今月11月。

2005年9月から書いているこのブログ

一度たりとも1ヶ月もサボった事

なかったのですが...




申し訳ございません。私は元気です♪



余談ですがこの写真

私に似てるという人がおりまして...(?_?)

こんなにイケメンではありませんが

とーめにみると、若かれし頃に

似ているような、似てないような。

笑顔がいいですねぇ。

私も負けじに頑張ろーっと。






ここ最近の近況ですが

11月上旬に

日本身体障がい者日本選手権があり

泳法審判として参加致しました。




とても勉強になりました。

審判の目線はどこにあるのか...

どういう心理状態でプールをみているのか。

よーくわかりました。




水泳は比較的、ボール競技や採点競技に比べ

人間としての審判の判断が

勝負に大きく左右される事が少なく...

少なくとも私はこれまでの水泳人生の中で

一度も失格になった事はありません。




ただ、障がい者水泳は

FINAのルールに近づけていこうという『理想』と

障がいゆえに物理的に難しいだろう『現実』。

そのはざまで判断しなくてはならない

ジャッジの難しさは、コーチとして

非常に頭を悩ませるところではあります。




このもやもや。

私がいくら頑張っても変わらない...

対応に頭をひねらなければならないだけ。

水泳競技の中でも特殊な悩みです。



話は変わって

最近の国士舘の選手の動向ですが...




来年度四年生になる現三年生の頑張り。

目つきが変わってきたように感じます。




人間が覚悟をした時の変わり様は

目を見張るものがありますね。




これまで何人も

覚醒した選手を沢山みてきましたが

そんな予感を感じさせられる選手が

増えてきたのが嬉しい!




何のために泳いでいるのか...

早く気づく選手が変わっていくわけで。

私は現役の時は

気づけませんでした...




『私が押し付けるやる気』では

なかなか気づいてくれませんよね...

微妙な距離感に悩む今日この頃です。



最後に

あまりこのブログでは

家族の事については書かないと

決めておりましたが... 少し。




朝の国士舘の朝練。アジアパラ。

そしてこれからリオパラ。2020東京...

家族の中でも好きな事を好きなだけ

やらせてもらっていると

どうしても家族の時間が取れる時を

大切にしなくてはと思っておりまして

どうしても『ご理解』を頂かないと

色々な誤解が生まれる様な気がしていて。




この連休は、空手の試合の応援でした。

負けてばかりでしたが

とても熱くなりました。



2号は、一年前、トーナメント一回戦で

上段蹴りを二発くらって30秒で負けて...

今年は総当たりでしたが

因縁の上段蹴りを繰り出して

空手人生、初勝利をもぎ取りました!




あまりの緊張からか

終わったあと号泣しておりましたが

自分のことのように嬉しく

久しぶりに感動しました。




また時間を決めて

ブログ更新頑張ります!

水泳の話ばかりで恐縮ですが

これからも宜しくお願い致します!

【とても刺激的で勉強になりました!】


先日、始発の飛行機に乗って

鳥取県鳥取市にいって参りました!




とはいえ

鳥取砂丘を観に行ったわけではなく

トレーニングの勉強といいますか...

話すと長いのですが

ここに行ってきました!



初動負荷理論をご存知でしょうか。

スポーツを志す人であれば

大体の概要は知っている方も

多いかと思いますが...




ここではその理論がうんぬん

ということは置いておいて

(気になる人はググってみてください)




その理論に基づいた

初動負荷トレーニングができる

『WORLD WING』というトレーニングジムが

全国各所にあるのですが...




池袋店にてそのトレーニングをしている

パラスイマー小山(オヤマ)恭輔選手が

創案者の小山(コヤマ)裕史先生がいらっしゃる

鳥取の本店にて

トレーニング合宿をしていたということで

私も同行したわけであります。




そもそもロンドンパラリンピックの前に

その理論と手法に興味をもっていた私が

小山選手が肉体改造をしたいと言う事で

そのジムを紹介したのですが...




思いの外、成果を実感したようで

リオデジャネイロにむけて再度その門を叩き

今回は創案者の先生に

彼の動きを専門的な角度からみて頂き

アドバイスを頂いたわけです。




実際に私もジムにある特殊な機材を使い

トレーニングさせて頂きました。




感想をここで述べると

誤解が生まれると困るので

控えさせて頂きますが




目からウロコ... 刺激的でした。

こういう刺激は指導者として

大切にしたいと思います。楽しかった。




詳しい話は、今度お会いしたときに...

続く

◆水泳パーソナルレッスン、少人数のグループレッスン承ります!◆

パーソナルレッスン可能な日程は→コチラから (8/16 更新)



【やっと落ち着いてきましたが…】



パンパシの遠征から戻り

しばらく経ってしまいましたが

無事、任務を終えて帰国致しました。



各方面、様々の方々には、不在期間中

大変なご迷惑をお掛け致しました。




8月に入り、早半分が過ぎてしまいましたが

様々なことがありつつも

なかなかご報告が滞り、申し訳ございません。




落ち着き次第ご報告させて頂きます。

今暫くお待ちください。



【顔は、心をうつしだす… って事でしょうか】


不甲斐なくも、体調を崩してしまい

なかなか元気が戻ってこない、八尋です。ハイ




今朝は、こんな記事に目が止まりました。

苦しいときこそ笑顔で乗り切る 萩原智子 (1/4ページ) - SankeiBiz(サンケイビズ)

2002年のパンパシ横浜でご一緒した

萩原智子さんの記事。




ふむふむ、、、

『心は顔を作って、顔は心をうつしだす』

うなずいてしまいました。




特に年頃の選手たちをみていると

観察して察する仕事をしている私も同じく

表情でどんな心境なのかを感じ

声をかけることを心掛けておりますが…




まさに、今この時期に、とても必要で

選手も気づく必要のある事だと思いまして

リンクさせて頂きました。




顔がうかない表情では

理想のパフォーマンスにいたるのでしょうか。




不安であれば、不安な表情。

自信がなければ、自信の無い表情。




心がコントロールできないのなら、せめて

表情ぐらいは、明るく、元気に

作る努力はできるのではないかな…




なんて、提案です。




昔、国士舘の水泳部員に

『常に笑顔で居続けるよう心掛けています』

って、選手がいました。




つかちゃん、阿部くん、しょうごくん。

元気にしてますか?

また、プールに遊びに来てくださいね。



【努力は必ず報われるという考え方とは…】


今朝、こんな記事をみて

確かに、確かに、と思ったので

リンクしておきます。

(1/2) 「努力は必ず報われる」論争に明石家さんま参戦 「そんなこと思う人はダメですね、間違い」 : J-CASTニュース

努力は必ず報われるという考え方は勘違い。




ドキッとする

さんま氏のストレートで論理的な言葉に

とてもうなずけました。




努力に対しての見返りを求めているうちは

息苦しくて行き詰まる、って事でしょうか。




確かに

努力とは、好きがゆえに起こす行動が

はたから見て、とても努力しているように見え

当の本人はそれを努力と感じていない。




見返りを求めているうちは、ダメ!という

そんな考え方も共感します。




確かに、努力⇒見返り という考え方は

何か余裕が無いように感じました。




好きでやっていて、その結果いいものができる。

そんな水泳人生の方が幸せですね♪




私的な一意見として…


【三週間経ち、ボチボチ、リハビリ開始!】



今日、明日と、辰巳国際水泳場にて

南部市外部記録会が開催されております。




南部市外部ですので

南部所属のクラブチームStyle1や

市外部に所属の我等がBLAST WAVE

国士舘もクラブチーム国士舘楓泳会として

参戦致しております。




BLAST WAVEからは

アンナ、ショウタロウ、私の3名がエントリー。

ただ、私は、右太腿裏の肉離れが

まだ完治まで至っておらず…




思い切りスタート台を踏み切れるまでは

レース参加は控えようと心に決めた次第です。




いつやるの?…何て

流行語大賞に選ばれていましたが…




私が、やるべきはまさに今ではないと

考えている次第です。ゆえに棄権。




スポーツ選手には怪我がつきもの…

とは言いますが

どうしても陥ってしまう

焦る気持ちや、はやる気持ち

当事者になってみるとよくわかるものですね。




大切な瞬間はいつなのか。

それを見余らずに、気持ちをもっていけば

それなりの結論にたどり着けると…

私も、よく選手に言うものですから。




せっかくいい調子で来ていたとしても

それも運命です。成るように成る。




もし皆さんもそんな時がきた時には

焦らずに、やるべき「今」にむけて

しっかりと準備をしていきましょう!

それしかできない。



八尋 大 (ヤヒロ ダイ)

Author:八尋 大 (ヤヒロ ダイ)

ふてぶてしくも日本人短距離スイマー
世界一選手育成を夢見てやまない
競泳コーチ八尋のコーチング日記

◆プロフィール◆
BLAST WAVE aquatics
代表兼ヘッドコーチ

国士舘大学水泳部コーチ
ロンドンパラリンピック日本代表コーチ

BLAST WAVE "ホームページ"
logo_logotypemaker (2)

◆スタート映像


◆クイックターン映像


◆バケットターン映像(水上)


◆バケットとタッチの比較映像





主な個人サポート選手】(2015年現在)

◆木村潤平選手(NTT東日本)


◆小山恭輔選手(Coloplast)


◆森下友紀選手(千葉ミラクルズ)

09 | 2017/03 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。