FC2ブログ
≪ 2019 09   - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - -  2019 11 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

【飛び出し・踏切時の角度】

近年、飛び込みの技術は飛躍的に発展していて私が現役時代では
考えられないほど形が変わってしまいました。

このごろ海外のレースをテレビで観戦することができるようになりましたが、
皆さんお気づきのように海外の選手のほぼ9割以上がクラウチングスタート
を取り入れております。


(注:クラウチングスタートとは、片足を後ろに下げて飛ぶ技術です)

クラウチングスタートのメリットとして考えられるのは、腰の重心の移動
が両足で跳ぶよりもスムースに水中へ向きやすいといわれております。

わかりやすく説明すると・・・

飛び出したときに腰と頭を結ぶ線がより水中に向かっている方が
台を蹴りだした時の力が、水中に伝わりやすいと考えられます。


「両足跳びに慣れていると力の方向性がななめ上に向きやすい」


「80点のできですが、力の方向性が入水角度にほぼ等しい○」

同じ踏み切る瞬間ですが、こんなに方向性が違うのですね・・・
スポンサーサイト





この記事へコメントする














八尋 大 (ヤヒロ ダイ)

Author:八尋 大 (ヤヒロ ダイ)

ふてぶてしくも日本人短距離スイマー
世界一選手育成を夢見てやまない
競泳コーチ八尋のコーチング日記

◆プロフィール◆
BLAST WAVE aquatics
代表兼ヘッドコーチ

国士舘大学水泳部コーチ
ロンドンパラリンピック日本代表コーチ

BLAST WAVE "ホームページ"
logo_logotypemaker (2)

◆スタート映像


◆クイックターン映像


◆バケットターン映像(水上)


◆バケットとタッチの比較映像





主な個人サポート選手】(2015年現在)

◆木村潤平選手(NTT東日本)


◆小山恭輔選手(Coloplast)


◆森下友紀選手(千葉ミラクルズ)

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -