≪ 2017 07   - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - -  2017 09 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


【競泳にとって、水着とは何なのかを考える・・・】

今年の流行語大賞になりそうな、誰でも知っている言葉「レーザーレーサー」。
私も仕事柄、どうなんですか?買うんですか?なんて聞かれる事も多々。

選手にとっては、複雑な心境である事も事実。水着が泳ぐわけでもなく
本人が泳ぐのに、水着に注目が集まる今日この頃。

しかし、そもそも「水着」とは何か。。。考えた。私の個人的な意見は・・・

結論!「水着とは、道具である」

今の世の中、どんなスポーツも「道具の進化」無しには、その競技を語れない。

例えば・・・

長野オリンピックの時、スピードスケート競技で「スラップスケート」が解禁になり、日本選手
の対応が、直接競技成績に直結した事があった。

水泳競技は、今までは、「水着はユニフォーム」的な考え方で、着心地(可動域)を
優先的に考え「パフォーマンスを最大限に引き出す道具」という考え方は薄かった。

これからは、水着を操り、潜在的に持っているその選手の可能性を最大限に
引き出す道具をいかに使いこなせるようになるか、が最大の焦点になる。

スポーツと道具は、切っても切り離せない。

武器・武装を身にまとい、それを最大限に使いこなせた戦士が勝ち残る戦い。
それがオリンピック!日本選手の対応力に期待しましょう!


「海外では、水着=道具といった考え方は、当たり前になっています」
スポンサーサイト


この記事へコメントする














八尋 大 (ヤヒロ ダイ)

Author:八尋 大 (ヤヒロ ダイ)

ふてぶてしくも日本人短距離スイマー
世界一選手育成を夢見てやまない
競泳コーチ八尋のコーチング日記

◆プロフィール◆
BLAST WAVE aquatics
代表兼ヘッドコーチ

国士舘大学水泳部コーチ
ロンドンパラリンピック日本代表コーチ

BLAST WAVE "ホームページ"
logo_logotypemaker (2)

◆スタート映像


◆クイックターン映像


◆バケットターン映像(水上)


◆バケットとタッチの比較映像





主な個人サポート選手】(2015年現在)

◆木村潤平選手(NTT東日本)


◆小山恭輔選手(Coloplast)


◆森下友紀選手(千葉ミラクルズ)

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。