≪ 2017 06   - - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - -  2017 08 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


【夏に向けて、レギュラー争い真っ只中!】



先週は、JAPAN OPEN!

その前は、都ジュニア!

そしてそのまた前は、学生春季町田!

長水路のレースが立て続けに行われ

夏のレギュラー選考の駒が出揃い始めました。




これらの大会の記録を軸に

レギュラーメンバーを選び、7月の上旬にエントリー。

とても息苦しい日々が続きます。




選ばれる側の選手たちは

生きた心地はしないだろうし...

選ぶ側の我々も

心苦しい決断をしなくてはなりません。



水泳とは、時に残酷で

でも、明確で、潔く

タイムでくっきりと区切る事ができます。




0.01でも基準をクリアできなければ

世界記録を持っている選手であれ

オリンピックですら出れません。




勿論、数字では判断できない部分の

評価もレギュラー選考には含まれますが...




大切なのは

誰が見ても納得がいく結果が必要である。

それに尽きるでしょう。




現状の立ち位置は

選手自身が

一番よくわかっていると思いますが...




毎年いるんですよ...

諦めの悪い選手が!



昨年は、4年間一度もカンカレの個人種目で

レギュラーを掴めなかった選手が

昨年、この時期に行われる短水路大会で

とんでもないタイムを連発し

最後はリレーメンバーに選ばれて

インカレでB決勝に残った選手がいました。




彼は、

国士舘史上一番諦めの悪い男NO.1として

我々の記憶にも刻まれました。




その彼も

とある先輩の背を見て育ち

その先輩を越えていきました!



毎年あるんですよ、そんなドラマみたいな

出来事が!




今年は誰が、

我々の記憶に深く刻まれるような

選手になるのでしょうか?!




人はその気になって本気を出してみれば

大体実現するもので...




結果がどちらに転ぼうとも

そんな姿をみて人は感動するものです。



これまでも私は、卒業していった選手

一人一人のドラマを

しっかりとみてきました。




これからが本番ですよ!

自分自身がどうありたいかは

自分自身で決める事が出来る☆

スポンサーサイト


この記事へコメントする














八尋 大 (ヤヒロ ダイ)

Author:八尋 大 (ヤヒロ ダイ)

ふてぶてしくも日本人短距離スイマー
世界一選手育成を夢見てやまない
競泳コーチ八尋のコーチング日記

◆プロフィール◆
BLAST WAVE aquatics
代表兼ヘッドコーチ

国士舘大学水泳部コーチ
ロンドンパラリンピック日本代表コーチ

BLAST WAVE "ホームページ"
logo_logotypemaker (2)

◆スタート映像


◆クイックターン映像


◆バケットターン映像(水上)


◆バケットとタッチの比較映像





主な個人サポート選手】(2015年現在)

◆木村潤平選手(NTT東日本)


◆小山恭輔選手(Coloplast)


◆森下友紀選手(千葉ミラクルズ)

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。