≪ 2017 05   - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 -  2017 07 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


【映像で見る、八尋 vs 八尋!】


映像を編集する機材で

また新たなアイディアが思い浮かびました。




八尋と八尋が競争している映像をみたら

何かがわかるのではないか...




早速、作ってみた♪



大体、リアクションタイムはいつも

0.60~0.63ぐらいなので

今年泳いだ同じプールでの二つの映像を

足が離れるタイミングでくっつけた。




すると左の映像と右の映像で

飛び込み方が違うことに【きづく】。




左は上半身をうまく使って飛べていて

右は無難に飛んでいる...




浮き上がってから泳ぎだしのところは

右側の泳ぎの方が勢いがあるように見える。




ただ、ターンをすると左の方が速かった!




さらに

左の八尋は

ターンからの浮き上がり後の泳ぎが

スピードにのっていて...

右は若干もたつき気味。




一回だけした呼吸のタイミングですが

実は左の方が結構早めに呼吸をして

ラスト15mが崩れておらず。

右はラスト10m付近で呼吸をするも

あまりバランスがよろしくない...




無理に苦しいのを我慢して

バランスを崩し始めているのに

更に呼吸を入れてバランスを崩しているような。




最大の驚きは

速く泳いだ左側の時の泳ぎは

いつもと違い『右手』でタッチしている。

なぜ?!




確かに

右側の時の泳ぎは

最後しっかりストロークを意識して

むやみに回していなかった記憶が...




その頃から掻き方の意識は

練習中から変えていた気がします。




映像を見てみると

一つの映像だけでは気づかなかった事が

沢山ありました。




もし、自分が持っている映像を

くっつけてほしい!という人がいましたら

お気軽にご連絡ください。


スポンサーサイト


この記事へコメントする














八尋 大 (ヤヒロ ダイ)

Author:八尋 大 (ヤヒロ ダイ)

ふてぶてしくも日本人短距離スイマー
世界一選手育成を夢見てやまない
競泳コーチ八尋のコーチング日記

◆プロフィール◆
BLAST WAVE aquatics
代表兼ヘッドコーチ

国士舘大学水泳部コーチ
ロンドンパラリンピック日本代表コーチ

BLAST WAVE "ホームページ"
logo_logotypemaker (2)

◆スタート映像


◆クイックターン映像


◆バケットターン映像(水上)


◆バケットとタッチの比較映像





主な個人サポート選手】(2015年現在)

◆木村潤平選手(NTT東日本)


◆小山恭輔選手(Coloplast)


◆森下友紀選手(千葉ミラクルズ)

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。