≪ 2017 07   - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - -  2017 09 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


【何故にレースに出続けるのか…】(長文⚠注意)


私が以前…

>水泳の楽しみ方は勝つとか負けるとか 

記録を出し続けるとか

それだけじゃない…




と書きまして




『それだけじゃない』とは何でしょうか?

というご質問を頂き

私なりに考えてみました。




これは、一個人的な考え方なので

良いか、悪いか、正しいか、正しくないかは

別として、興味のある方のみ

読んでいただければ幸いです。


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


記録が望めなくなってもレースに出る意義は何か。




そもそも、『レースに出る意義』に

人それぞれ、目的が違うかもしれません。




私も

レースに出るのは記録を出す事が目的ではない…

わけではありません。




記録を出せることが前提ではありますが…

私は、長水路50m自由形のBESTは

12年出ていません!




28歳で25.03がBEST!ちなみにロングジョンで。




私も現役バリバリの頃は

出るレース、出るレース、全てでBESTを狙い

その為に、練習をしていました。




苦しい練習を耐える事の見返りはBEST。

そう信じて、日々苦しい練習を耐えて

頑張っておりました。




確かに、そういった考え方は間違えでもなく

それで勿論成功し、記録を出し続けた時期も

なかったわけではありません。




ただ、最近では

そういった練習は、無理にせずに

あえて違う方法で速くなる方法はないかと

自分がこれまで常識だと思っていた事に

疑問を持って

あえて真逆の事をしてレースに出たらどうか…

なんて、遊び心を持つようになってから

昔のように、『苦労の見返りはBEST』

といった考え方がなくなり

肩の荷がおりました。




どうやったら速く泳げるか

その答えは、誰かが全て教えてくれる事…

なんでしょうか?




世界のトップ選手であれ

毎年どんどん進化していくのに

私達は、水泳の全てを

知りつくしているのでしょうか。




私の水泳の楽しみ方の一つは…




泳ぎの追究!一生かけても終わらない事。




若い10代、20代の選手とは違い

私の様に40代のスイマーに、40代のスイマーの

その世代、世代に、楽しみ方が

あるような気がします。




絶対に私が知らないテクニックがあるだろう。

こうやってみたら、スピードが出るようになった。

怪我をしてみてわかった事がたくさんあった。

などなど。




水泳は、わからない事だらけ。




わからない事がわかった。

それも楽しみの一つです。


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


私のここ最近の水泳の楽しみ方の一部を

少し振り返ってみます。




昨年の6月に肘を骨折。

全治6ヶ月で無事完治して

ある事に挑戦してみようという意欲が

自然とわいてきました。




7月に40歳の節目をむかえる今年

8月に行われる『日本実業団』にて

40歳区分で50m自由形に参加すれば

決勝に残れるかもしれない。




全国大会は、JOやインターハイ、日本学生選手権など

出たことはありましたが

決勝は、JOのフリーリレーで一度だけ

個人では、無縁でした。




私はそもそも現役時代は

いたって普通。いたってどこにでもいる

目立つ事のないスイマーでした。




そんな普通なスイマーでも、40過ぎても

新しい目標ができて

それにむけて色々と考える事ができる。

そのプロセスがとても楽しかったです。




その為に私はまず

実戦を、たくさん積みました。

レースにとにかく出場する回数を増やしたのです。




緊張感を保つ為に

ジュニア選手や大学生の出る大会にも

たくさん申し込みました。




自由形とその自由形がよくなる為のバタフライ。

レースの経験を積む度に

感覚やアイデアが増しました。




ちなみに、このレースは全て夏の為。

失敗覚悟でいろいろ試しました。




これが昔と違うところでしょうか。




最終的に良い方向に向かう為の準備は

全て実戦で。

ゆえに試合は、試す為の、試合。

とてもいい練習だと割り切っておりました。




ゆえにここでは、結果が出なくても気にしない。

よければ、ラッキー♪そういう感覚です。




順調に出来上がってきた今年5月に

太ももの肉離れを起こしました。

いわゆる故障です。

まともなダッシュは、一ヶ月以上

できませんでした。




それでも今考えれば

それも楽しめたかもしれません。

不安がなかったわけではありませんが

あまり心配はしておりませんでした。




故障明けの『東京都実業団』。

結果は、故障前とタイムは変わらず。

逆に決勝は、ここ数年で一番の結果。




よく休んでいたからか体がよく動きましたw




昔は一日泳がないと三日は感覚が戻らない…

なんて、教わりましたが。

私には、関係ないという事が、わかりました。

皆さんはどうかわかりませんが

私には、関係ないようです。




最終的に日本実業団では

東京都実業団の決勝のタイムで予選から泳げ

見事に六番で決勝に残りました。




もし決勝に残れなくても

私は、後悔はしなかったと思います。

ああすればよかったとか

こうすればよかったとか




チャレンジできた事が嬉しかったし

うまくいっても、うまくいかなくても

私にとって素晴らしい経験です。




勝因はわかりません。

もし、もっとやっきになって練習していたら

同じ結果になっていたかもわかりません。




意欲を保つ為のコツは、目標を持つ事。




次の目標は

40歳になったので

高速水着を着て

短水路で23秒台!長水路で24秒台!




それぐらいのタイムで泳げる人は沢山いるし

高速水着だなんて、邪道だという人も…




自己満足です。

その目標にむかって、またどうすればいいか

考えるのが楽しいのです。




今回、日本実業団では

BESTには及びませんでしたが

決勝でもビリでしたが




あの清々しさは、最高でした。


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


マスターズ水泳界がとても盛り上がっています。

100歳で世界マスターズに挑戦!素晴らしい!!




世界記録や日本記録、毎年、バシバシ更新され

それは年齢が上がろうとも

その年代、年代で、レベルアップしているわけで。




ただ、そんな人でも

自分のBESTを毎年更新している人は、まれ。

10代、20代、30代の記録を越えていく

40代、50代、ましてや、60代、70代なんて

いるのでしょうか?




それでも

マスターズ界が盛り上がっているのは

なぜでしょうか。




自分自身へのチャレンジ!

それも理由の一つかもしれません。




私は、あまり結果には興味はなくて

試合に出るのが好きな人です。




試合で結果ばかり求めている人って

ダメだった時のことを考えたら

レースを楽しめているのでしょうか?




私は、レースが好きですが

結果を求めた時は、いい泳ぎができず

楽しんで泳いだ時は、結果がついてきました。




考え方は、ひとそれぞれ。

結果が必要な人が、結果を求めて泳ぐのは

当たり前です。




私は、エンジョイスイマー。

ある意味、結果が求められる選手は

プロスイマーやアスリートスイマー。




同じものさしでは、はかれませんが

エンジョイスイマーになってからは

レースが楽しいです。




楽しいから、出る。

それ以外には理由はありません。


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


あまり良い回答ではないような気がしますが

私は、このように考えています。

という一意見です。

(読み返しても文章力がなく…申し訳ございません)
スポンサーサイト


【】
八尋コーチ、一生懸命考えてくれて、
どうもありがとうございました!!

ベストを出すことを諦めてはいませんが、
ベストを更新するためにすべきだと言われている練習、
社会人の今は、することが出来ません。
また・・・仕事による怪我、故障が多くて^^;
そこからの復帰に時間がかかって水泳まで辿りつかない~

なので、どうして大会に出るのかわからなくなってしまっていました。しかも、大会に出ないなら、水泳の練習もする意味が感じられず、もう終わりにしようかな…とさえ、ちょっぴり自暴自棄になっていました。


>あの清々しさは、最高でした。

わたしは、一番はこれなのかな~と感じました。
結果はどうであれ、これを感じたいがために、
レースに出ているのかなと思いました。
ただただ水泳が好きだったら、大会に出る必要はない?
そういう意見も聞かれます。
でも、レースに向けて、思考錯誤・努力して、
それで辿り着いたレース後の気持ち、
これを味わいたいがために、出てるのかな。

原点に返ると、そこなのかもしれないと気付きました。


そのためには、目標やそのための過程・思考錯誤が必要になってくるんですね!

少し先輩の、また、水泳のことをたぶんずーと考えているコーチの考えを聞けて、とっても参考になりました。

また、よく考えてみます(*^_^*)
ありがとうございました!



【楽しいから】
私がレースに出続けるのは、泳ぐのが好きだからです。
レースは一瞬で終わってしまうけど、レースまでの日々の過程が一番好きです。
週5回以上プールに入りますが、意外と日々発見があります。
今度は、こうしてみよう、ああしてみよう、と模索がたのしいです。うまくいくときも、そうでないときもありますが、結果よければああ、あの時のあれが良かったのかなと思えるし、よくない
ときは、悔しいつぎこそは!と思います。
過去との比較ではなく、今の自分にできる、精一杯ができるとよいです。
【管理人のみ閲覧できます】
このコメントは管理人のみ閲覧できます
この記事へコメントする














八尋 大 (ヤヒロ ダイ)

Author:八尋 大 (ヤヒロ ダイ)

ふてぶてしくも日本人短距離スイマー
世界一選手育成を夢見てやまない
競泳コーチ八尋のコーチング日記

◆プロフィール◆
BLAST WAVE aquatics
代表兼ヘッドコーチ

国士舘大学水泳部コーチ
ロンドンパラリンピック日本代表コーチ

BLAST WAVE "ホームページ"
logo_logotypemaker (2)

◆スタート映像


◆クイックターン映像


◆バケットターン映像(水上)


◆バケットとタッチの比較映像





主な個人サポート選手】(2015年現在)

◆木村潤平選手(NTT東日本)


◆小山恭輔選手(Coloplast)


◆森下友紀選手(千葉ミラクルズ)

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。