≪ 2017 03   - - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - - - - - -  2017 05 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


【個人競技水泳においてのリレーの意義とは…】



個人競技の代表ともいえる水泳。

サッカーのようなチーム競技ではない水泳においての

唯一の団体戦が、リレーである。




個人レースは、良かれ悪かれ

他人に直接的に迷惑をかけることはないが

リレーはそうには行きません。




裏を返せば

仲間との繋ぎあいは

スイマーにとって非日常的で新鮮…

一人の力が、いや四人の力が

チームに大きな影響をもたらします。




これまで、12年間以上

大学水泳界で水泳指導をしておりますが

蚊帳の外的なインカレであれ、リレーが与える

インパクトは、チームの強さを強調します。




昨年は

関カレでは圧倒的な点差で勝った相手にも

インカレでは、勝てなかったのは

リレーで負けたからであります。




いや、そうでなかったとしても

リレーで負けた悔しさは

どうにも心に残るものであります…




また、インカレでは

シード校の熾烈なシード争いが繰り広げられる中

リレーの点数はとても重要になるのですが…




我々のようなチームにとって

リレーで決勝に残る事ほど、痛快な事はない!

まさに下克上!

GIANT KILLINGが我々の楽しみの一つです。




男子は、昨年まで三種目ともB決勝止まり。

女子はまだまだB決勝にも届かないレベルですが

我々も驚くほど伸びている選手が多い中…




それは、既に『リアル』になりつつあります。




あとは、本人達がそれを思い描けるか…

目標を共有し合えるか…

口に出して実行に移せるか…




とても大事だと思います。




我々は、チャレンジャーです。

シード校のように、残って当たり前ではなく

彼らが煙たがる存在になれれば最高。




我々がシード校に上がる為の第一歩目は

【リレー必勝】を掲げて

どの大学よりもリレーにこだわって

勝ちに行く術を考えて、挑戦していく。




まずは、関カレ。

リレーはチームの代表です。それを皆で応援し

一丸になって戦う、水泳団体戦の面白さ。

それを堪能してほしいと思います。




関カレまであと三日。




スポンサーサイト


この記事へコメントする














八尋 大 (ヤヒロ ダイ)

Author:八尋 大 (ヤヒロ ダイ)

ふてぶてしくも日本人短距離スイマー
世界一選手育成を夢見てやまない
競泳コーチ八尋のコーチング日記

◆プロフィール◆
BLAST WAVE aquatics
代表兼ヘッドコーチ

国士舘大学水泳部コーチ
ロンドンパラリンピック日本代表コーチ

BLAST WAVE "ホームページ"
logo_logotypemaker (2)

◆スタート映像


◆クイックターン映像


◆バケットターン映像(水上)


◆バケットとタッチの比較映像





主な個人サポート選手】(2015年現在)

◆木村潤平選手(NTT東日本)


◆小山恭輔選手(Coloplast)


◆森下友紀選手(千葉ミラクルズ)

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。