≪ 2017 04   - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - -  2017 06 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


【実行→反省→考察→改善→実行】


ある方からご質問がありました。

>ここぞという時に出したい結果を出す為に
>時期によっては
>内容に目を向ける勇気が必要ではないか…

中略) 少しだけ噛み砕いて教えてください!!





※まずこの話は

私の一個人の意見なので

様々な意見の一つだと思って

読んでくれる方のみ…

読み続けて下さい。




私は、現役(10代~21歳)の頃

全ての大会において

ベストを出すつもりでレースに挑んでました。




当たり前のように

心… モチベーション

技… 技術、能力の充実

体… 体力、耐力の充実

三つがうまく噛み合わなくては

なかなか思い描くような結果が

毎回たどり着くわけもないのは

わかってはいるものの…




選手とは…

落ち込む生き物なのです。




ただ、最近

コーチとしての視線で

多くのスイマーをみていると

様々な傾向がみえてくるわけです。




昔の私のようなタイプは

ベストを出すことが目的であるのは

当たり前であり、悪い事ではないのですが…




結果へたどり着く為のプロセスというか

やるべきタスクが何なのかを

あまり考えていなく

他者(特にコーチ)に依存していて

考えて何故行動するのかという事を

あまり考えていない傾向にある様な

気がします。




それが昔の私です。




そんなタイプは何故か

タイムが出ないとよく落ち込む傾向にあり

それが悪循環して

意欲 (モチベーション低下) に繋がります。




昔の私をみていると

笑えるくらいに頑固者でプライドが高く

正に、そんな選手でした。




人を教えていると

客観的に物事が見えてくるというか

要するに…




失敗する事に恐れていて

全てに完璧を求めてしまうがゆえに

レースでは常にベストを出すことが

大切だった。




ただ、それならば

それなりのプロセスをたどっていての

結果だったかといえば

結果は必然だったわけです。




簡単に言えば、『あさはか』…




ゆえに

ここぞという時に出したい結果を出す為に

しっかりとステップ(段階)を踏んで

登っていくイメージを持ち

失敗を恐れず(勇気を持って)

より良い泳ぎを作っていけるように

内容に目を向ける必要があるのではないか。

という提案です。




より良いものをつくっていくには

練習で試している事を『実行』し

レースの映像やタイムをみて『反省』し

より良くなる為の次の一手を『考察』し

練習でそれを習得する為に『改善』して

次のレースで『実行』する。




これが、やるべき準備なのではないか。

それがしっかりとできて

失敗に失敗を重ねてこそ

素晴らしいものが生まれるのでないか。




世界記録保持者であれ

常にベストが出続けていた選手なんて

いるのでしょうか。




受け入れて、向き合う『勇気』が

昔の私にあれば…

もう少し速かったのではないかという

おせっかいです…
スポンサーサイト


【ありがとうございます!】
かなり詳しい説明、ありがとうございました<m(__)m>

とっても落ち込みやすいスイマーゆえ、
>簡単にいえば「あさはか」のくだりは・・・
図星で、つい笑ってしまいました。

コーチの言葉から、
書きたいコメントはたくさんありますが、
今は、もう少し咀嚼したいと思います。

今はただのマスターズスイマーだけど、
今からでも、遅くはないかな。

どうもありがとうございました!


【No title】
>kemoさん

なんだか、うまく話がまとまらなくて

うまく説明できなかったなと落ち込んでおりました(笑)

またご質問がありましたら

お気軽にコメントください。
この記事へコメントする














八尋 大 (ヤヒロ ダイ)

Author:八尋 大 (ヤヒロ ダイ)

ふてぶてしくも日本人短距離スイマー
世界一選手育成を夢見てやまない
競泳コーチ八尋のコーチング日記

◆プロフィール◆
BLAST WAVE aquatics
代表兼ヘッドコーチ

国士舘大学水泳部コーチ
ロンドンパラリンピック日本代表コーチ

BLAST WAVE "ホームページ"
logo_logotypemaker (2)

◆スタート映像


◆クイックターン映像


◆バケットターン映像(水上)


◆バケットとタッチの比較映像





主な個人サポート選手】(2015年現在)

◆木村潤平選手(NTT東日本)


◆小山恭輔選手(Coloplast)


◆森下友紀選手(千葉ミラクルズ)

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。