≪ 2017 05   - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 -  2017 07 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


【皆、長所もあれば短所もあるもの…】


今朝は、台風の影響で中止になった

昨朝のメニューをそのままスライドさせて

ダイハードを行った。




シーズンも始まり一ヶ月。

昨年行ってよかった面は残し

改善すべき点は、試行錯誤しながら

変えていきたいと思っておりまして…




第一弾としましては

ダイハードのバリエーションを増やして

より集中して内容を上げていけるよう

思考をこらしております。



私が最近思うのは

『速い選手は、幅が広い』

何をやってもそこそこ、こなせるし

身のこなしもレベルが高い。




私は、得意種目は短距離で

まあ、苦手は長距離ですが…

かじってみるのは好きなようで

毎年オフ期には、1500や四個メなど

たしなむ程度には試合には出ている。




やらずにして、よさはわからない!




これは、大人のスイマーになってから

感じた一つの楽しみ方です。



話は戻りますが…

学生たちには最近

四種目でハードさせることを増やし

主となる種目の肥やしになるように

促していこうと考えております。




下手な種目は、大体…

練習しない→上手くならない

上手くならない→面白くない

面白くない→練習しない




の『負のスパイラル』に陥り

苦手種目がうまれているわけで

やってみれば

level①が、level②に上がる事は

level⑩が、level⑪に上がるより

簡単なわけだし




意外と

時間がないから練習ができないと

言い訳しているような気がして…




皆、一長一短あるのですから

得意なところは、誰よりも頑張って

苦手なところは、ちょっと工夫してみれば…




求める強度をこなしてもらいながら

新しい発見やより高い質と集中力を高められ

終わった後の充実感も得られるならば…




『時期』を考えた上で

この四種目でのダイハードは

なかなか面白いのではないかという

実感があるわけです。




ただ、この練習の弱点は

本人が自分自身に甘いと

あまり高い効果が望めない、という事。




チャレンジ精神がないと

何で好きでもない種目を

泳がなくてはいけないんですか?

的な選手にはならないように




私もしっかりと説明が必要ですね。
スポンサーサイト


【大リーグ養成ギブス・プル】
コーチ、この間のレッスンで教わったプル、すんごーく、いいです!!

無意識でできるようになるまで、まだまだ練習が必要ですけど、フィニッシュで水が当たるようになりましたっ!!

今までずーーっと、手で水を後ろに押す意識だったから、バッタはえらいことになっちゃうし、フリーも、どう頑張っても、フィニッシュができずに、苦戦していたんですね。

そうか、肘なのか、脇ピタッなのか!!!

目から大ウロコがごそっと落ちました。

練習すれば、バッタだけでなく、フリー、バック、ブレも、一皮も二皮も、剥けた泳ぎになると思います。
来年の試合参加が楽しみです!!!
【八尋コーチに習ってよかった!】
私、チョーslow learnerです。運動苦手、水泳経験なし、50の手習いおばばだもの。

でも、コーチが長年、辛抱強く指導してくださったおかげで
rib cageをもちあげて、体を浮かせるコツがわかり(姿勢作り)
コアからの腕回し、コアからのキックができるようになり

そして今、肘に意識を向けることで、プルのメリハリがちょっとつかめてきました。
(フィニッシュができるってことは、メリハリがつかめたってことですよね)

姿勢とコアから四肢を動かすことができていれば、あとはストロークのメリハリができたら、四肢がうまく連動して、体全体で泳ぐことができるようになる!!

今まで、プルを意識すると、脚が死にます、キックを意識すると、プルがぐじゃぐじゃです、で、手足ばらばらの泳ぎでしたけど、今の感じで練習すれば、いいタイミングで、体全体が連動する泳ぎになっていくと思います!! 

50の手習いおばばも、やっといっちょ前のスイマーになれそうです(感涙)
この記事へコメントする














八尋 大 (ヤヒロ ダイ)

Author:八尋 大 (ヤヒロ ダイ)

ふてぶてしくも日本人短距離スイマー
世界一選手育成を夢見てやまない
競泳コーチ八尋のコーチング日記

◆プロフィール◆
BLAST WAVE aquatics
代表兼ヘッドコーチ

国士舘大学水泳部コーチ
ロンドンパラリンピック日本代表コーチ

BLAST WAVE "ホームページ"
logo_logotypemaker (2)

◆スタート映像


◆クイックターン映像


◆バケットターン映像(水上)


◆バケットとタッチの比較映像





主な個人サポート選手】(2015年現在)

◆木村潤平選手(NTT東日本)


◆小山恭輔選手(Coloplast)


◆森下友紀選手(千葉ミラクルズ)

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。