≪ 2017 07   - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - -  2017 09 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


【ギリギリの状況へ追い込み、引き出してこそ】


昨日、グアムに到着しました。



合宿では、夜寝る時か、ご飯を食べている時以外は

トレーニングをさせるぐらいのつもりで挑んでいる合宿。




実際に現地で練習を見ていますが

選手たちはみな「満身創痍」。




肩も、膝も、腰も、足首も、手首も、首も

まさに、身も、心も

傷だらけで、ボロボロになっていない選手が

見当たりません。



自分自身を誉めてあげられるような

そして本当に辛い練習を終えた後の充実感

また自分自身に対しての自信。




そんな素晴らしいものを持ち帰ってもらえる様に

今はとにかく我慢してくれと拝み倒して

明日にはもう、最終クールのメニューを置いて帰ります。




今回水中練習のみならず、陸トレも

誰がどれぐらい理解し、どれぐらい取り組んでいるか

把握できたとともに

私が考えている「水泳」への取り組む姿勢の根源とは

一体何か、という事を考えてもらえるような

ほんの短いひと時でしたが、伝える事ができたような。




飴と鞭とは言いますが

昨日は、全ての練習後に「大水球大会」を開催し



元気が出てきたと思いきや

今朝は、ガッツリ泳いで、メンタルが壊れそうなところで

よく我慢して泳いでくれていました。




この合宿のメインは

最終日前の午後練習の「ダイハード」です。

一生のうちで、三本指に入るぐらい頑張った

いい練習だった、と思えるような練習をしてほしい!!



これから午後練習。全員一緒で「4本」クラバン!!

今朝の疲れでは、タイムを出すのは無理なんて

言い訳は聞きたくありません。

今できる最高のパフォーマンスを見せてほしい。
スポンサーサイト


この記事へコメントする














八尋 大 (ヤヒロ ダイ)

Author:八尋 大 (ヤヒロ ダイ)

ふてぶてしくも日本人短距離スイマー
世界一選手育成を夢見てやまない
競泳コーチ八尋のコーチング日記

◆プロフィール◆
BLAST WAVE aquatics
代表兼ヘッドコーチ

国士舘大学水泳部コーチ
ロンドンパラリンピック日本代表コーチ

BLAST WAVE "ホームページ"
logo_logotypemaker (2)

◆スタート映像


◆クイックターン映像


◆バケットターン映像(水上)


◆バケットとタッチの比較映像





主な個人サポート選手】(2015年現在)

◆木村潤平選手(NTT東日本)


◆小山恭輔選手(Coloplast)


◆森下友紀選手(千葉ミラクルズ)

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。