≪ 2017 05   - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 -  2017 07 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


【当たって砕けていいんだって!】


Crush & Burn!! 通称、クラバン!!

クラッシュ!して、バーン!しなさい

って、いう意味がある。。。

って、私は思っているのですが。




人間、どうも、自信がないと

恐怖心、焦り、失望感にかられるようだ。 




後半もたなかったらどうしよう。

誰々に負けるのは嫌だが仕方ない。

タイムが気になって仕方がない。




全ての根源は何からくるのかと

真剣に考えた時に、辿り着く先は

自信である。




他人に、タイムに、自分に

撃ち勝てる自信がないのだ。




他人と比べるなとか

タイムは練習だから気にするなとか

自分自身との勝負だとか、言っても…




様々な恐怖心に撃ち勝つためには

自信しかない。




自信には、個人差があるようで




いくら努力を積み重ねても

ちっとも自信が持てない選手もいれば




どこからその自信が湧いてくるのかと

他人にはわからない選手もいる。




後者の方が、どちらかといえば

成功していく場合が多いように感じる。




まずは何とかなるだろう的な発想で

自信をもち(あまり根拠はなく)

後からそれが実現できるように

必死に努力を重ねているようだ。




一見同じようで、同じではない。




できると思ってその為にはどうすればいいかと

努力するのと…




あまりできる気がしないのに、とにかく闇雲に

努力するぐらい…




そこから生まれる努力は

取り組む姿勢が違うし

皆が見ているところだけの努力では

決して足りないに違いない。




恐怖心を支えるのは正に

そんな真の努力から養われる

自信ではないでしょうか。




きっとまだ恐怖を感じるのは

本気の努力をみせていない自分に

気づいているからではないか…




そんなことをいう私に

気づかせてくれたのも選手である。




きっと変われる。今気づけば。




私も、もっと深い部分を見る目を

養っていかなくてはと

痛く最近、痛感しています。
スポンサーサイト


この記事へコメントする














八尋 大 (ヤヒロ ダイ)

Author:八尋 大 (ヤヒロ ダイ)

ふてぶてしくも日本人短距離スイマー
世界一選手育成を夢見てやまない
競泳コーチ八尋のコーチング日記

◆プロフィール◆
BLAST WAVE aquatics
代表兼ヘッドコーチ

国士舘大学水泳部コーチ
ロンドンパラリンピック日本代表コーチ

BLAST WAVE "ホームページ"
logo_logotypemaker (2)

◆スタート映像


◆クイックターン映像


◆バケットターン映像(水上)


◆バケットとタッチの比較映像





主な個人サポート選手】(2015年現在)

◆木村潤平選手(NTT東日本)


◆小山恭輔選手(Coloplast)


◆森下友紀選手(千葉ミラクルズ)

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。