≪ 2017 04   - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - -  2017 06 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


【貴方はなぜ水泳を選んだのですか?】


確か、アメリカのUSC(南カリフォルニア大)に

留学した時のこと、ある選手に




「何故君は水泳を選んだのか?」




と聞かれた事を思い出しました。




色々考えました。

小さい時から水泳をしていたから…

水泳は特技だから…

コーチになるなら水泳ぐらいしか…




ただなんとなく的な答えしか

思い浮かばなかった20代の私でしたが

逆に質問してきた彼に聞いてみました。




や「じゃあ何で君は水泳を選んだの?」

彼「好きだから」

即答されました (笑) ハヤ




海外では様々なスポーツを幼少期から

たくさん経験する事ができる文化があり

年を重ねるごとに、様々な都合上

そのスポーツを絞って大人になっていく…




要するに、大学生ともなると

数ある経験済みのスポーツの中から

水泳を選択して競技を続けている…

というわけです。




日本と海外では

文化が違うことは、よい悪いは置いといて

水泳をしているということは

楽しいから続けているという自覚がある

ということに気づき、当初衝撃的でした。




日本に帰り、マスターズスイマーの方々と

水泳というスポーツを通じて関わる中で

好きだから水泳をしている

という人たちにたくさん出会うと

これもまた水泳というスポーツの魅力は

何なのか、深く考えます。




私が水泳をしていて

楽しいと実感したことがある瞬間を

よーく、よーく思い出すと…




◆自己実現した瞬間、または感じた瞬間

◆仲間が大切だと感じた瞬間




自己実現とは

自分がこうなりたい!とかこうしたい!

ということが叶った時をさしますが…


☆ベストが出た時!

☆目標としている大会の基準を切った!

☆誰々に勝った!

☆やりたい動きができた!(実感)

などなど




仲間とは

スイミングスクールの仲間、ライバル、水泳部の仲間

今でいえば

水泳で繋がることのできた全ての人たち。



彼らとは、私の水泳とは切っても切れない

大切な人たちで

私の人生すらを支えてくれていると

実感させてくれる瞬間は、とても幸せです。




私が水泳のコーチ (導き手) として

水泳に携わり続けるならば、その楽しさを

伝え、導き、共に楽しめるような

そんなコーチに私はなれるように、さらに

努力を続けていきたいと

最近思う、思い直せる、時間ができてきた

今日この頃でした。(独り言)
スポンサーサイト


【No title】
コーチ、私くらいの年になると、
ベストが出なくても、ジャパンの標準記録に程遠くても、誰にも勝てなくても、なっかなか上手にならなくても、

水に入るだけで、チョー幸せです。
よーいどんができるだけでハッピー。

還暦でぐるっと回って子供に戻ったのか、
水遊びが楽しくて楽しくて、“水中駆けっこ”が面白くて面白くて、
生きてて良かったとしみじみ思います、ハイ。
この記事へコメントする














八尋 大 (ヤヒロ ダイ)

Author:八尋 大 (ヤヒロ ダイ)

ふてぶてしくも日本人短距離スイマー
世界一選手育成を夢見てやまない
競泳コーチ八尋のコーチング日記

◆プロフィール◆
BLAST WAVE aquatics
代表兼ヘッドコーチ

国士舘大学水泳部コーチ
ロンドンパラリンピック日本代表コーチ

BLAST WAVE "ホームページ"
logo_logotypemaker (2)

◆スタート映像


◆クイックターン映像


◆バケットターン映像(水上)


◆バケットとタッチの比較映像





主な個人サポート選手】(2015年現在)

◆木村潤平選手(NTT東日本)


◆小山恭輔選手(Coloplast)


◆森下友紀選手(千葉ミラクルズ)

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。