≪ 2017 05   - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 -  2017 07 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


【スキルの差が出るのはどの部分か】

私は、中学2年の時に所属していた

モントクレアSC (アメリカ/カリフォルニア) のコーチ

スティーブに、ターンのタから叩きこまれた。



◆基本的な回り方

◆壁との距離感

◆手の補助方法

◆ターン後の回り方

◆ストリームラインの組み方

◆浮上時の掻き出し

◆浮上時の呼吸方法




,,,当時思ったことは

やたら細かい!!!!!!




例えば,,,

一掻き目は、呼吸をしたら×

だから、右で呼吸したいならば

左手から掻きなさい。

じゃあ、一掻き目が左手ならば

ストリームラインを組む時の手は

左の手が下に組まなくてはダメ!




日本でこんな事を言われた事が

ありませんでした。

アメリカ人って結構細かいんですよ。




今、極めたいのが『バケットターン』

背泳ぎから平泳ぎのターン。

左右で回れるようになったので

今度400IMで試してみようかな。
スポンサーサイト


この記事へコメントする














八尋 大 (ヤヒロ ダイ)

Author:八尋 大 (ヤヒロ ダイ)

ふてぶてしくも日本人短距離スイマー
世界一選手育成を夢見てやまない
競泳コーチ八尋のコーチング日記

◆プロフィール◆
BLAST WAVE aquatics
代表兼ヘッドコーチ

国士舘大学水泳部コーチ
ロンドンパラリンピック日本代表コーチ

BLAST WAVE "ホームページ"
logo_logotypemaker (2)

◆スタート映像


◆クイックターン映像


◆バケットターン映像(水上)


◆バケットとタッチの比較映像





主な個人サポート選手】(2015年現在)

◆木村潤平選手(NTT東日本)


◆小山恭輔選手(Coloplast)


◆森下友紀選手(千葉ミラクルズ)

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。