≪ 2017 10   - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - -  2017 12 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


【最後まで頑張る事。頑強に抵抗する人…】

DIE-HARD(ダイハード)とは…

そういう意味があるそうです。

60x50m 1E2H @1:20 ダイハード!




全員ではありませんが、31名でやると

やはり盛り上がりが違いますね!




早々地元から戻った中野(達)選手は

IM10本ずつやっておりましたが

桁外れに強いですね。

選考会で台風の目になってくれると

確信しました。




平泳ぎは、やはり兼成選手が

一歩先にいっていると感じました。

クロールの選手の間の大波をくぐっても

崩れない泳ぎと心。成長を感じました。




クロールは、一年生岡田選手を中心に

兵頭選手、松本選手、林選手が取り囲み

皆、なかなかいい泳ぎをしていました。

岡田選手はかなり力をつけましたね。

今年の活躍に期待しています。




背泳ぎでは、伊藤(翔)選手が

一歩先に出ていましたね。

HARD1本目の27秒台は立派でしたが

あとは安定感が出てくれば

不動になるのではと思いました。




女子は、三原選手がバタフライで

安定感のある泳ぎをみせていました。

30秒台でまとめられるのは立派です。




頑強に抵抗する人…

誰でもなれると思います。

よかった選手もまだ行けると

満足しないで

皆で上を向いて頑張れば

必ずいい方向にチームが傾き

一人一人も元気になるはず!
スポンサーサイト


この記事へコメントする














八尋 大 (ヤヒロ ダイ)

Author:八尋 大 (ヤヒロ ダイ)

ふてぶてしくも日本人短距離スイマー
世界一選手育成を夢見てやまない
競泳コーチ八尋のコーチング日記

◆プロフィール◆
BLAST WAVE aquatics
代表兼ヘッドコーチ

国士舘大学水泳部コーチ
ロンドンパラリンピック日本代表コーチ

BLAST WAVE "ホームページ"
logo_logotypemaker (2)

◆スタート映像


◆クイックターン映像


◆バケットターン映像(水上)


◆バケットとタッチの比較映像





主な個人サポート選手】(2015年現在)

◆木村潤平選手(NTT東日本)


◆小山恭輔選手(Coloplast)


◆森下友紀選手(千葉ミラクルズ)

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。