≪ 2017 07   - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - -  2017 09 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


【障がいがあるからといって…】

潤平が今朝、豪州から帰国し

早速、反省会!




参加した試合では

同クラス世界ランキング4位を撃破!

まるでスラムダンクの桜木の様に

有頂天♪でした(笑)




このところ試合では

負けが続いていて

失いかけていた自信を

一気に取り返して

やる気100倍になっておりました。

単純王 JUMPEI KIMURA!




彼の素晴らしいところは

誰とでも仲良くなれる性格。

今回も海外選手・コーチと

コミュニケーションをたくさん取り

情報収集をしてきました。



オーストラリアのナショナルコーチ曰く

「障がい者こそ甘やかしてはダメ」

障がいがあるからできない…

なんて考えがダメだと。




コーチは、使える部位は全て鍛え

色々な可能性を模索すべき…




脚があるなら健常者以上の

キックが打てるようにならなければ

世界一にふさわしくない…

ということだろう。確かに。




要するに、潤平には…

健常者以上の上半身を作り

脚も推進力になるように

鍛える必要がある、というわけだ。




賛同!




そもそも

潤平の脚も…

小山の右半身も…

石浦の眼も…

友紀の腕も…

全て個性の一部で

才能でもあると考えて

普通に接しているわけで




それを負のイメージとして

捕らえてはいけない…

コーチも、選手も。




だとしたら確かに

無いからできない…という

逃げ道をつくらない為には

より厳しく接しなければならない

という意味がわかる気がします。




あと一年半後には

ロンドンパラリンピックが行われます。

どんな結末がまっているか

未来はまだ変えられる…

スポンサーサイト


この記事へコメントする














八尋 大 (ヤヒロ ダイ)

Author:八尋 大 (ヤヒロ ダイ)

ふてぶてしくも日本人短距離スイマー
世界一選手育成を夢見てやまない
競泳コーチ八尋のコーチング日記

◆プロフィール◆
BLAST WAVE aquatics
代表兼ヘッドコーチ

国士舘大学水泳部コーチ
ロンドンパラリンピック日本代表コーチ

BLAST WAVE "ホームページ"
logo_logotypemaker (2)

◆スタート映像


◆クイックターン映像


◆バケットターン映像(水上)


◆バケットとタッチの比較映像





主な個人サポート選手】(2015年現在)

◆木村潤平選手(NTT東日本)


◆小山恭輔選手(Coloplast)


◆森下友紀選手(千葉ミラクルズ)

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。