≪ 2017 09   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - -  2017 11 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


【体調管理に気をつけて…】

今年は変な天気ばかり!

真夏日が続いたら…

今度はメチャクチャ寒ぃ~

風邪ひきそぅですね。。。

スポンサーサイト


【】
コーチ、今日居残り練で、ちょっと気づいたことがありました。
バッタで、いつも「第一キックでもうちょっと進んで欲しいなぁ」と思っていたんですけど、入水後、肩甲骨を広げて、胸とお腹をすぼめる姿勢をとったら、進みがよかったんです。

間違っているかもしれませんが、私の感覚では、掻くときは、胸を広げて肩甲骨を寄せると楽です。で、今日、入水後は逆に、背中を広げるといいよってことに気づきました。

人によっては、入水後、お臍をのぞき込むようにして、浮上するときに顎を突き出すように顔を上げるといいって言うんだけど、私は頭の動きを意識すると、目がまわる感じがしてやりにくいんです。胸を広げる、背中を広げるというほうが、しっくり来ます。

意識するポイントは人によって違うんだと思います。たとえば水面バサロは、コーチはお臍を上下させるとおっしゃいますが、私にはお臍を上下させることは難しいです。で、太腿を持ち上げてから、膝の裏側をしっかり伸ばすことを意識しています。不十分かもしれないけど、それで進むので、そうやって練習しているうちに、もっと動きが滑らかになってくれば、お腹がもっと動いてくるかな、と思います。

バッタは、楽に泳ぐために、今は体の外側を掻いているんですけど、この間ちょっと試しに、お腹の下に引っ張ってくるようにしてみたら、プルの推進力が増すようでした。ウーマンズの1バタが終わったら、プルの軌道も、楽な方法だけでなく、速く泳ぐためにはどうすればいいか、探ってみようと思っています。

バッタは(他の泳ぎも)まだまだ発展途上ですが、練習中にいろんな気づきがあるのが、めっちゃ楽しいです。
この記事へコメントする














八尋 大 (ヤヒロ ダイ)

Author:八尋 大 (ヤヒロ ダイ)

ふてぶてしくも日本人短距離スイマー
世界一選手育成を夢見てやまない
競泳コーチ八尋のコーチング日記

◆プロフィール◆
BLAST WAVE aquatics
代表兼ヘッドコーチ

国士舘大学水泳部コーチ
ロンドンパラリンピック日本代表コーチ

BLAST WAVE "ホームページ"
logo_logotypemaker (2)

◆スタート映像


◆クイックターン映像


◆バケットターン映像(水上)


◆バケットとタッチの比較映像





主な個人サポート選手】(2015年現在)

◆木村潤平選手(NTT東日本)


◆小山恭輔選手(Coloplast)


◆森下友紀選手(千葉ミラクルズ)

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。