FC2ブログ
≪ 2019 11   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - -  2020 01 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

【スタートで身体半分、差をつけろ!】

水泳ほど…
技術差で記録が
大きく左右するスポーツが
あるでしょうか?

水を切り裂き
水の抵抗を掻い潜る技術。


速度でいえば
スタート時はまさに…


トップスピード!!


スタート台がかわる近年中
スタート技術の差で

物凄い差がうまれると
日本選手権で痛感しました。

しかしながら

空中動作の入るスタートほど
技術練習が困難な局面は無く

かなり回数をこなさなければ
上達も見込めません。


ポイントは

◆踏みきり
◆移動角度
◆入水角度
◆浮上角度

などのバランス要素

これは…
台の高さ
台の角度
水深距離

大会によっての差は
無くなりつつありますが

練習環境との差は
同様とはいきません。

基本ができていてこそ
順応ができる。

やはり基本は
ストリームラインではないでしょうか…


(2010グアム合宿時の写真)

スポンサーサイト





この記事へコメントする














八尋 大 (ヤヒロ ダイ)

Author:八尋 大 (ヤヒロ ダイ)

ふてぶてしくも日本人短距離スイマー
世界一選手育成を夢見てやまない
競泳コーチ八尋のコーチング日記

◆プロフィール◆
BLAST WAVE aquatics
代表兼ヘッドコーチ

国士舘大学水泳部コーチ
ロンドンパラリンピック日本代表コーチ

BLAST WAVE "ホームページ"
logo_logotypemaker (2)

◆スタート映像


◆クイックターン映像


◆バケットターン映像(水上)


◆バケットとタッチの比較映像





主な個人サポート選手】(2015年現在)

◆木村潤平選手(NTT東日本)


◆小山恭輔選手(Coloplast)


◆森下友紀選手(千葉ミラクルズ)

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -