≪ 2017 07   - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - -  2017 09 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


【10日といえば、ドリルの紹介の日です…By Style1】

本日、Style1メールマガジンの日です。8月のご予約もスタートします。
※各種練習会のお申込ページは→コチラ

今日のドリル紹介は、前回の続き。今回でクイックターン完結!

クイックターン総集編



其の四:正確に回って、下を向いて壁を蹴り、飛び出す練習!

「ターンドリル3」で、壁に向かってクロールで泳ぎ、背浮きの
状態で壁を蹴って浮上できるように練習しましょう。

一回転する前に、「脇」や「膝」を開いてしまうと、
身体が開いてしまい水平に飛び出すことが出来ません。

最後に、回りながら足が壁につく位置をずらし、壁を蹴り出して
回転しながら下を向きます。

股関節をしっかりとまげて壁を蹴らないと水平には出れません。

また腕の補助は、胴体の安定と速い回転とを作ります。
まずは慌てず、映像の様にゆっくり回る練習から始めましょう。

応用編は、回転速度を上げて回る練習や、
腕の動きを泳ぎの流れに合わせて回るものがあります。
スポンサーサイト


【】
 Hi! 水泳おたくのかずんこです。
 今月、私たちは毎週火曜の練習会「めざせ上級スイマー」で、やひろ式shoulder-driven backstroke(骨盤を安定させ、胸椎から上を大きく動かす)を練習しとります。
 背泳ぎではないのですが、それに関連した映像を見つけました。マイク・ボトム・コーチが語るアウトスウィープなしの肩駆動のフライ(泳者カビッチ)と、ボトム・コーチが「私はサリムの泳ぎを見て、肩駆動について多くを学んだ。上体の動きの連結は非常にいい。ただし、腰を安定させる必要があり、目下取り組み中だ。腰が左右に振れなければ、もっと大きなパワーを発揮できる」と言う、サリム・イレス選手の泳ぎが入っています。
皆様のご参考のために。
http://www.youtube.com/watch?v=mlCvuHmfT38&NR=1
この記事へコメントする














八尋 大 (ヤヒロ ダイ)

Author:八尋 大 (ヤヒロ ダイ)

ふてぶてしくも日本人短距離スイマー
世界一選手育成を夢見てやまない
競泳コーチ八尋のコーチング日記

◆プロフィール◆
BLAST WAVE aquatics
代表兼ヘッドコーチ

国士舘大学水泳部コーチ
ロンドンパラリンピック日本代表コーチ

BLAST WAVE "ホームページ"
logo_logotypemaker (2)

◆スタート映像


◆クイックターン映像


◆バケットターン映像(水上)


◆バケットとタッチの比較映像





主な個人サポート選手】(2015年現在)

◆木村潤平選手(NTT東日本)


◆小山恭輔選手(Coloplast)


◆森下友紀選手(千葉ミラクルズ)

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。