≪ 2017 07   - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - -  2017 09 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


【2008-09年シーズン前半戦の総括】

大学生水泳界では、10月~3月までの6ヶ月に短水路大会が
集中し、チームもこれまで全4回の短水路大会に参戦しました。

結果は水着による高速化の恩恵を受けているにせよ、全体の
ベスト率も例年より高い成績を残す事ができました。

原因理由はともあれ、ベストタイムが出る事は、選手にとっての
充実感、満足感を得られるわけで、チームの雰囲気も上々です。

そんな中でも、コーチとしては、全てがパーフェクトに進んだ訳では
ないので、大手を上げて喜ぶ訳にも行きません。

最大の失敗点は、4月で4年生になる、女子2名を日本選手権
に送り出すことができなかったことです。

彼女たちにとっての最後のトライアルで、ほんのわずか、手が
届かず・・・ 悔し涙を流していました。本当に申し訳ない。

私の師が、「選手が結果を残した時は、選手の努力のおかげ。
選手が結果を残せなかった時は、コーチの責任」。。。

とおっしゃっていた事が、身にしみて実感しました。力不足・・・

しかしながら、過ぎてしまった事を悔やんでも、次には進めず。
次の目標を、皆にいち早く向けてあげる事が今一番の仕事。

4月に次の短水路大会があります。シーズンも後半へ突入です。
新一年生が加わり、更に盛り上がっていけるように頑張ろう!


◆4月日本選手権突破者◆
③井上 新 選手 50Fly/100Fly/200Fr/200IM
②中野達也選手 50Fly/100Fly/200Fly
②兼成憲太選手 50Br/100Br
②西川克弥選手 200Br
②佐瀬隼平選手 200Br
④塩野 直 選手 200IM
③伊藤雄基選手 50Br

OB
平野修也選手 50Fr/50Ba
スポンサーサイト


【評価】
お疲れ様でした!

確かに師匠や某スイミングのコーチは『結果が残せなかったらコーチの責任』と言っていますが、コーチも正しく評価されるべきだと思います! (選手にも責任はある)

ただ、責任を感じる位の気持ちで、どのコーチも選手に接して欲しいですよね!!

もう1人の dai は高く評価してますよ!!
この記事へコメントする














八尋 大 (ヤヒロ ダイ)

Author:八尋 大 (ヤヒロ ダイ)

ふてぶてしくも日本人短距離スイマー
世界一選手育成を夢見てやまない
競泳コーチ八尋のコーチング日記

◆プロフィール◆
BLAST WAVE aquatics
代表兼ヘッドコーチ

国士舘大学水泳部コーチ
ロンドンパラリンピック日本代表コーチ

BLAST WAVE "ホームページ"
logo_logotypemaker (2)

◆スタート映像


◆クイックターン映像


◆バケットターン映像(水上)


◆バケットとタッチの比較映像





主な個人サポート選手】(2015年現在)

◆木村潤平選手(NTT東日本)


◆小山恭輔選手(Coloplast)


◆森下友紀選手(千葉ミラクルズ)

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。