≪ 2014 10   - - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - - - - - -  2014 12 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


◆水泳パーソナルレッスン、少人数のグループレッスン承ります!◆

パーソナルレッスン可能な日程は→コチラから (11/27 更新)



【話すと長くなるので興味がある方は...】


ここ数年とても興味がある事。

ドルフィンキックの強化方法!

試行錯誤しております。




国士舘大学の中でも

学生界の中でもトップクラスのドルフィンキックを

身につけた選手もおりました。




そもそも

ドルフィンキックが上手くて

損をする事は一切ないのに

なぜかそこに着目して

徹底的に磨こうとする選手が少ないのが

非常に不思議でなりませんでした。




水中のドルフィンキックはルール上

15m潜ってもいいという決まりがあり

こと短水路で50mを泳ぐとなれば

15m+15m=30mは潜水が可能である!




USA swimmingによると

『400や1500では、かなりの可能性や

チャンスが眠っている』と

述べている文章を見つけました!

確かにフェルプスの200FrのWRの時

ほとんど潜っていたような...




要するに

全体の60%は潜水をしても構わないのに

練習の6割を潜水技術向上の為に

費やしている選手やコーチがどれだけいるか。




潜水は苦しいから...

身体にかかる負担が大きいから...

技術の差が影響するから...

泳いだ方が速いから...




でも速い選手は

そんなこと考えているのでしょうか...




50年前ぐらいの五輪では

1500mの競技でクイックターンをしている選手は

いなかったそうです。




今やマスターズスイマーでも (私ですら)

1500mでは、クイックターンするじゃないですか。




何が常識で、何が非常識なのか って

誰が決めるのですかねぇ?!




以前ご本人にも聞いた事がある話が



Number Webに

掲載されていたのを見つけたので

LINKを貼っておきます。


(Number Webより)


<金メダルへの自己改造> 松田丈志 「怪物フェルプスを超えろ」(1/4) [Sports Graphic Number] - Number Web - ナンバー

特殊なトレーニングがあるわけではなく

反復あるのみ。

何が変われば、感覚も変わってくる。




補足をすれば

ロクテ選手は、練習の半分をドルフィンキックに

費やしていると聞いた事がありますが

実際、松田選手が見てみたら

特に特別な練習をしていたわけではなく...




普段の練習の中で

潜る距離が長かったり、速かったり

いつも我々がやるような練習の中での

ドルフィンキックの比率が50%だという事。




普通のキックであれ、ドルフィンキック!

きついインターバルをやっていても

ドルフィンキックを必ず何回または何m潜る...




これは、五輪選手にしかできない

練習なのでしょうか?




国士舘のOBで

ドルフィンキックがとても速かったり選手が

ボソッと言った一言が忘れられません。




"今やっている練習の全ての壁を蹴った後

毎回3回!集中して蹴る意識を持ったら

一ヶ月でスピードが出るようになりました"




特別な事ではなく

当たり前で、簡単なことを

人一倍意識して取り組み

うまくなりたいという取り組みをみて

それを人は『努力』と言うんですね☆




長くなりましたが

何かのきっかけになることを願って。

今日はこの辺で...

スポンサーサイト

【気づけばもう11月も月末ではないか!】



あまりネガティブな発言は嫌いなので

こういった公共の場では楽しい話を

たくさんしたい!

と思っております故に...




なかなかブログを開けない今月11月。

2005年9月から書いているこのブログ

一度たりとも1ヶ月もサボった事

なかったのですが...




申し訳ございません。私は元気です♪



余談ですがこの写真

私に似てるという人がおりまして...(?_?)

こんなにイケメンではありませんが

とーめにみると、若かれし頃に

似ているような、似てないような。

笑顔がいいですねぇ。

私も負けじに頑張ろーっと。






ここ最近の近況ですが

11月上旬に

日本身体障がい者日本選手権があり

泳法審判として参加致しました。




とても勉強になりました。

審判の目線はどこにあるのか...

どういう心理状態でプールをみているのか。

よーくわかりました。




水泳は比較的、ボール競技や採点競技に比べ

人間としての審判の判断が

勝負に大きく左右される事が少なく...

少なくとも私はこれまでの水泳人生の中で

一度も失格になった事はありません。




ただ、障がい者水泳は

FINAのルールに近づけていこうという『理想』と

障がいゆえに物理的に難しいだろう『現実』。

そのはざまで判断しなくてはならない

ジャッジの難しさは、コーチとして

非常に頭を悩ませるところではあります。




このもやもや。

私がいくら頑張っても変わらない...

対応に頭をひねらなければならないだけ。

水泳競技の中でも特殊な悩みです。



話は変わって

最近の国士舘の選手の動向ですが...




来年度四年生になる現三年生の頑張り。

目つきが変わってきたように感じます。




人間が覚悟をした時の変わり様は

目を見張るものがありますね。




これまで何人も

覚醒した選手を沢山みてきましたが

そんな予感を感じさせられる選手が

増えてきたのが嬉しい!




何のために泳いでいるのか...

早く気づく選手が変わっていくわけで。

私は現役の時は

気づけませんでした...




『私が押し付けるやる気』では

なかなか気づいてくれませんよね...

微妙な距離感に悩む今日この頃です。



最後に

あまりこのブログでは

家族の事については書かないと

決めておりましたが... 少し。




朝の国士舘の朝練。アジアパラ。

そしてこれからリオパラ。2020東京...

家族の中でも好きな事を好きなだけ

やらせてもらっていると

どうしても家族の時間が取れる時を

大切にしなくてはと思っておりまして

どうしても『ご理解』を頂かないと

色々な誤解が生まれる様な気がしていて。




この連休は、空手の試合の応援でした。

負けてばかりでしたが

とても熱くなりました。



2号は、一年前、トーナメント一回戦で

上段蹴りを二発くらって30秒で負けて...

今年は総当たりでしたが

因縁の上段蹴りを繰り出して

空手人生、初勝利をもぎ取りました!




あまりの緊張からか

終わったあと号泣しておりましたが

自分のことのように嬉しく

久しぶりに感動しました。




また時間を決めて

ブログ更新頑張ります!

水泳の話ばかりで恐縮ですが

これからも宜しくお願い致します!

八尋 大 (ヤヒロ ダイ)

Author:八尋 大 (ヤヒロ ダイ)

ふてぶてしくも日本人短距離スイマー
世界一選手育成を夢見てやまない
競泳コーチ八尋のコーチング日記

◆プロフィール◆
BLAST WAVE aquatics
代表兼ヘッドコーチ

国士舘大学水泳部コーチ
ロンドンパラリンピック日本代表コーチ

BLAST WAVE "ホームページ"
logo_logotypemaker (2)

◆スタート映像


◆クイックターン映像


◆バケットターン映像(水上)


◆バケットとタッチの比較映像





主な個人サポート選手】(2015年現在)

◆木村潤平選手(NTT東日本)


◆小山恭輔選手(Coloplast)


◆森下友紀選手(千葉ミラクルズ)

10 | 2014/11 | 12
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。