≪ 2014 08   - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - - - -  2014 10 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


【とても刺激的で勉強になりました!】


先日、始発の飛行機に乗って

鳥取県鳥取市にいって参りました!




とはいえ

鳥取砂丘を観に行ったわけではなく

トレーニングの勉強といいますか...

話すと長いのですが

ここに行ってきました!



初動負荷理論をご存知でしょうか。

スポーツを志す人であれば

大体の概要は知っている方も

多いかと思いますが...




ここではその理論がうんぬん

ということは置いておいて

(気になる人はググってみてください)




その理論に基づいた

初動負荷トレーニングができる

『WORLD WING』というトレーニングジムが

全国各所にあるのですが...




池袋店にてそのトレーニングをしている

パラスイマー小山(オヤマ)恭輔選手が

創案者の小山(コヤマ)裕史先生がいらっしゃる

鳥取の本店にて

トレーニング合宿をしていたということで

私も同行したわけであります。




そもそもロンドンパラリンピックの前に

その理論と手法に興味をもっていた私が

小山選手が肉体改造をしたいと言う事で

そのジムを紹介したのですが...




思いの外、成果を実感したようで

リオデジャネイロにむけて再度その門を叩き

今回は創案者の先生に

彼の動きを専門的な角度からみて頂き

アドバイスを頂いたわけです。




実際に私もジムにある特殊な機材を使い

トレーニングさせて頂きました。




感想をここで述べると

誤解が生まれると困るので

控えさせて頂きますが




目からウロコ... 刺激的でした。

こういう刺激は指導者として

大切にしたいと思います。楽しかった。




詳しい話は、今度お会いしたときに...

続く

スポンサーサイト

【三日間の激闘の末に得たものとは...】



シーズンを締めくくる熱い戦いは

男子は、中央大学が

女子は、日本体育大学が優勝!




我々国士舘大学は

男子11点、女子0点で終了。




部分的なステップアップを感じつつも

やはりインカレで戦うに当たっては

まだまだ力不足を感じざる得ない

内容でありました。




よかった部分としては

若手(2年生)が個人で、B決勝に残った事。

リレー三種目で初めて全てB決勝に残れた事。




全体的に層が厚くなってきて

ここ数年、活躍する四年生が抜けても

全体的に戦力が落ちすぎず

それを越えていこうとする選手が増えた事。




嬉しいですね。




ここ数年、ウィークポイントであった

自由形ミドルと背泳ぎに

大きな進歩を感じます。



国士舘 = 短距離といったイメージを

長年かけて作ってきましたが...



選手の努力がそんなイメージも変えて

力強さが生まれてきた印象を感じます。




今年は、カンカレで100点以上を稼ぎ

私が指導を始めてから最高位の2位。

女子も来年も一部に残留!

男女ともにステップアップしてはいますが...




細かな事に目を向ければ

まだまだこれは発展途上中であると

思える事がたくさんあります。




ここ数年感じられることは...

『人は一年でこれほども変われるのか』

ということです。




ものすごい努力の末には

やはり素晴らしい結末が待っている...

そんな当たり前であってほしいことを

証明してくれる選手が増えました。




これからオフに入り

オフがあけたらまた新しいシーズンが始まり

楽しいことだけが待っているわけでは

ありませんが...




どうせやるなら

灰になるまで燃え上がって

最後に学生水泳を振り返ったときに

胸を張れるような終わりをむかえてほしい。




最後に四年生。

本当にお疲れ様でした。。。

思うような結果に導けなかった選手

本当に申し訳ありませんでした。




ただ

皆が頑張った日々は

決して無駄なことではなく

将来に必ず役に立つことばかりです。




それは今はわからないかもしれませんが

いつか必ず。




君たちは昨日

大学水泳を引退しましたが

水泳は生涯スポーツです。




またプールに戻ってきてくれることを

首を長くして待っていますね。

今はひとまず、お疲れ様でした...




【インカレは、四年生の底力が...】



インカレ二日目終了。




カンカレとは違い

なかなか思うようにインカレでは

戦わせてもらえませんね。




シードを死守しなくてはならないチームの選手と

自分の名誉のために泳ぐ選手の

使命感というか

緊迫感というか

違いますね。覚悟のレベルが...




ただ、リレーメンバーと四年生は

背負うものの大きさが違いますから

粘りというか

集中力の度合いというか

我々のチームの中でも、桁が違うような。




今日は、四年生の底力を感じました。




主将の小坂部選手。

これまで卒業していった先輩たちを

越えるべく

これまでチームを泳ぎで牽引し

むかえた今日。




100バタフライ。彼らしい攻めの泳ぎも

最後失速して目標に届かず...

その後のメドレーリレー。




心が折れてもおかしくない場面での

怒濤の泳ぎ... FLY 52.6!

見事、16位でB決勝に滑り込みました!




B決勝でもチームを引っ張り

1つ順位をあげて15位でフィニッシュ!

感動しました!




そしてリレーではもう一人の四年生...

毎年、インカレでは影を潜めている

国士舘が誇るスーパースプリンター

裏シーズンのエース

四年生、岡島選手を四年目にして

このB決勝で、リレー初投入。



ジャパンやワールドカップで

表彰台に幾度か上った功労者が

インカレで初めてチームに

ポイントを加える事に貢献してくれました。

これもまた一つ感動!




明日は最終日。

良いことばかりではありませんが

また明日も

皆の素晴らしい泳ぎを期待してます!

オヤスミナサイ…

【大学生日本一決定戦 in 横浜 開幕!】



先日行われましたパンパシフィックや

今月から開幕するアジア大会に参加する

いま旬の大学生たちが集う

歴史も長いこの大会... インカレ開幕!




国士舘大学の選手たちも多くが参加。

B決勝、決勝を目指して頑張っております。




本日は、400フリーリレーで14位でB決勝へ!



昨年は、惜しくも残れず...でした。




昨年のメンバーとは総入れ替えでしたが




一人一人が力をつけ

現チームの層の厚みがある事を

証明してくれました! 嬉しいですね。



先輩たちの背中を見て

後輩たちが、それを越えていく姿は

目を見張るものがあります。



これが今度は、スタンダードとなり

またスタンドで応援していた学生たちが

それをも越えていく頑張りを...

来年も見せてほしいと願います。




明日、明後日も、

選手たちの成長をみれる事を

楽しみにしております。




それにしても

緊迫感のあるレースで力を発揮する事って

本当に難しいですね。

八尋 大 (ヤヒロ ダイ)

Author:八尋 大 (ヤヒロ ダイ)

ふてぶてしくも日本人短距離スイマー
世界一選手育成を夢見てやまない
競泳コーチ八尋のコーチング日記

◆プロフィール◆
BLAST WAVE aquatics
代表兼ヘッドコーチ

国士舘大学水泳部コーチ
ロンドンパラリンピック日本代表コーチ

BLAST WAVE "ホームページ"
logo_logotypemaker (2)

◆スタート映像


◆クイックターン映像


◆バケットターン映像(水上)


◆バケットとタッチの比較映像





主な個人サポート選手】(2015年現在)

◆木村潤平選手(NTT東日本)


◆小山恭輔選手(Coloplast)


◆森下友紀選手(千葉ミラクルズ)

08 | 2014/09 | 10
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。