≪ 2013 10   - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  2013 12 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


◆水泳パーソナルレッスン、少人数のグループレッスン承ります!◆

パーソナルレッスン可能な日程は→コチラから (11/30 更新)



【12月もパーソナルレッスン承っております】


12月、また1月と試合が続いてきますね。




短水路のレースに関していえば

スタートやターンは、記録短縮の重要パートです。




ぜひ試合前に、時間がございましたら

お気軽に御連絡下さい。

スポンサーサイト

【申し訳ございませんでした】


先日の投稿を読まれて

気分を悪くされた方がいらっしゃり

何が言いたいのかわからないと

コメントを頂きました。




直接ご説明したいのですが

匿名だった為

お返事ができませんでしたので

この場を借りてお詫び申し上げます。

【どちらがただしいというわけではないが…】



最近のサッカーではありませんが

内容の悪い勝ちか…

内容の良い負けか…

どちらがいいのだろうか。




サッカーのみならず、スポーツの世界では

結果が求められる時が必ずあります。




それが、

ワールドカップの予選だったり本戦だったり

オリンピック、パラリンピックの選考レースだったり本番だったり

ジャパン、インカレ、インハイ、全中、JO…




ここぞという戦いは

内容はともかく結果が求められるし

本人だって勝ち(結果)がほしい。




ただ、全てにおいて

失敗や修正が積み重なってこその

成功である事は…

誰でもわかっているわけで。




スポーツを志すものが

初めから負けるつもりでやる者はいない。

泳ぐレース全てで、ベストを出したいと

誰もが思っているに違いない。



私も現役時代は

出るレース全てにおいて、常に…

ベストを狙っていた。




年を重ね

水泳も楽しめるようになって

ビンテージスイマーになって客観的に思う事は…




ここぞという時に出したい結果を出す為に

時期によっては

内容に目を向ける勇気が必要ではないか…

という事です。




絶対に結果を出したい時の為に

しっかりと内容に目をむけて見ることが

大切だと思います。




失敗を恐れないで、

時には大胆に、時には冷静に

試合で「試して」




ここぞという時にむけて

しっかりと力をつけていきましょう!

(それには、反省が必要ですよ)

【当たり前の事ですが、人生日々勉強!】



先日の土曜日に、年に一度の勉強会

公認水泳コーチ研修会に参加致しました。




前半では、国士舘大学水泳部のトレーナー

地神トレーナーの講義。

肩甲骨(肩)と体幹(コア)についてのお話。

とても参考になりました。




私が指導中に考えていた身体の使い方が

的外れな事では無かったと、確信を得ました。

やはり、シシャモなんですね (笑)。




後半は、平井コーチの講義。

ここ数年、毎回平井コーチのお話を聞きに

この研修会に参加しているのではないか

と言うほどの頻度ですが…




毎回が新鮮で、かつア新しいアイデアが生まれ

更に、コーチング意欲が湧いてきます!




一番アイデアが鮮明になったお話は

ティーチングとコーチングの違いを説明する中で…




選手は、セルフマネージメントのレベルが様々であり

その見極めと、扱いについての説明が

モヤモヤしていたものが晴れた内容でした。




大学生を教える上で

どこまでティーチングが必要で

どこからがコーチングとして接するべきか。

非常に悩んでおりました。




私一個人の考えではありますが

大学生を教える上で

自律、自立させる事はとても大切なことで

一人の大人として接していかなくては

短い四年間では、大きな変化を望めないと

思っております。




ただ、その自律を促すにせよ

これまで歩んできた経験が違う選手に

全てを任せてもなかなか難しいものだと

感じてはいたものの…




それをレベル分けして理解する事によって

接し方がより容易にできるのではないかと

思いました。




レベル分けの大きな指標は

優先順位を自分自身で見極める事ができ

優先順位の高いものから自ら取り組めるか。

その能力が高ければ高いほど、レベルが高い。




例えば、水泳は自分自身の中で

どれほどの優先順位なのかがわかっていて

その優先順位が高いものに対して

目的が細分化されていて、何に取り組み

今何をすべきかを理解できて行動できる。




これやりなさい。あれやりなさい。

言われないと行動できない。指示待ちタイプ。




そう育ってくる選手がほとんどな中

そこを求めるのは、相当酷なことですが

社会に出て役に立つ能力を水泳から学ぶには

自分で考える、学ぼうとする能力は

培わなくてはならないのではと… 私個人的に

思うわけです。




自分の考え方を通そうとすると

それは時に、わがままに聞こえたり

集団行動に反する事だったりして

個を抑えて和を保つ、日本人の心には

そぐわないと言われてしまうのですが…




それを認めてあげられるか、あげられないかは

セルフマネージメント能力のレベルを見極めて…

判断すべきなのだと思いました。




北島選手がやると認められて

他の選手がやると認めてもらえないのは何故か。




選手として、人として、自律できているか。

それを見極める能力もコーチに必要な技量で

しっかりと選手と向き合って

観察し、コミュニケーションをしっかりととっていく。




コーチも日々進歩して

学びを忘れてはならないと

しみじみ感じた、今日この頃でした…




日々精進!もっと私も、頑張らねば。

【朝も寒くなってきましたね…】


高い山こそ登りきった時の

達成感はひときわ気持ちいいものだ…



なかなか辛いことは

一人では追い込みきれないものですが

仲間とチームでやることによって

乗り切れる事がある…




11月、12月は

毎年毎年、気を張って、心を鬼にして

頑張ってもらう練習で追い込みます。




時に選手に、「八尋は、えげつない」

なんて、言われた事もありました ( ̄ー ̄)ニヤリ

鬼ですから。この時だけは。




本日、今週末の追い込み。

まだまだ質はあがってきませんが

動かそうという努力は伝わってきました。




頑張っている選手は見ていて

動きにも、気持ちにも、余裕があります。

こうしよう、あーしよう、が伝わってきます。




最近、やらされている感があらわな選手は

減ってきたように思います。

自ら取り組む姿勢が、スタンダードになると

練習の雰囲気が盛り上がります。




今朝は、久しぶりの50m x 40本 ストレートの

ダイハードでした。

来週は更に質をあげて12月に向かいたい。



三年生。

こんな辛い冬の練習は、最後ですよ。

今やろう!後悔しないように。




ああしとけばよかった、なんて…

思わないように。




明日もいい練習を皆で作っていこう!

【東京都選手権を切る為の秘策とは…】



できるできないは、別として…

今年の目標を来年一月に行われる

東京都選手権においてみました!




24.88 これが制限タイム。参加標準記録。

今年のBESTは、24.9なので…

うまくハマれば、切れるかもしれない。




参加できれば、年齢的に言えば

かなりオールド、ビンテージ者でしょうが

チャレンジしたくなってしまいました。




秘策はやはり…

『スタート』ではないでしょうか!



12/1に、ホーム国士舘大学にて

公認大会が行われ

図々しくもエントリーしてみました。




国士舘大学のプールは、バックプレート付きの

最新のスタート台がついていて

スタートがうまく決まれば、24.88はいける!

と見ているわけです。




うまくいくか、いかないか。それはそれで…

とても楽しみです!




この年になっても

チャレンジするって、楽しいですね♪

八尋 大 (ヤヒロ ダイ)

Author:八尋 大 (ヤヒロ ダイ)

ふてぶてしくも日本人短距離スイマー
世界一選手育成を夢見てやまない
競泳コーチ八尋のコーチング日記

◆プロフィール◆
BLAST WAVE aquatics
代表兼ヘッドコーチ

国士舘大学水泳部コーチ
ロンドンパラリンピック日本代表コーチ

BLAST WAVE "ホームページ"
logo_logotypemaker (2)

◆スタート映像


◆クイックターン映像


◆バケットターン映像(水上)


◆バケットとタッチの比較映像





主な個人サポート選手】(2015年現在)

◆木村潤平選手(NTT東日本)


◆小山恭輔選手(Coloplast)


◆森下友紀選手(千葉ミラクルズ)

10 | 2013/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。