FC2ブログ
≪ 2006 02   - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 -  2006 04 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


【鮮明なレースイメージ】

今週に入り、「レースペース」を意識した練習を行っています。

水泳と言えども、完璧なレースを行うためには、サッカーや野球と
変わらずに「レース」に対しての「戦略」が必要になってきます。

先日合宿で、大学院生の阿部くんに臨時コーチを任せた際、全員に
「レースのイメージ」をタイムと共に文書で紙に書いてもらう作業
をしていました。

すると・・・

例)
25m○○秒→いい感じで
50m○○秒→気持ちよく!
75m○○秒→頑張る!!
100m○○秒→出し切る!!!

といった選手が非常に多い事に驚きました。あまりにも漠然としていて
まったくイメージができていないのです。

しかし昨日の阿部くんと私の会話

八尋「100mレースイメージってどんな?」

阿部「長水ですか?短水ですか?」

八尋「短水がいいな」

阿部「25mはとにかく力まない事だけ注意して入って、50mはテンポを
意識して落としすぎないように注意する。75mは50mのテンポを持続し
半分を過ぎてから徐々に加速するように泳ぐ。ラストの25mは、ターン
してからすぐに飛ばすと浮いてしまうのでビルドアップするように最後
もって行く・・・」

八尋「スピードを上げる時には、どんな風にあげるの?例えばキックを
強く打つようにするとか?」

阿部「(バタフライなので)呼吸をきっかけにどんどん腕を前に前に
もって行くようにしている・・・」

・・・普通の人と一流の違いがここにあると思いました。この話はごく一部。
それ以外にも、長水路の場合や、50mのレースの場合、FLYとFRの話など
ネタは尽きることがありませんでした。

これからはもっとその辺りを勉強しなくてはいけないと実感しました。。。


「写真は、辰巳の桜並木。もうすぐ満開ですよ」


スポンサーサイト

八尋 大 (ヤヒロ ダイ)

Author:八尋 大 (ヤヒロ ダイ)

ふてぶてしくも日本人短距離スイマー
世界一選手育成を夢見てやまない
競泳コーチ八尋のコーチング日記

◆プロフィール◆
BLAST WAVE aquatics
代表兼ヘッドコーチ

国士舘大学水泳部コーチ
ロンドンパラリンピック日本代表コーチ

BLAST WAVE "ホームページ"
logo_logotypemaker (2)

◆スタート映像


◆クイックターン映像


◆バケットターン映像(水上)


◆バケットとタッチの比較映像





主な個人サポート選手】(2015年現在)

◆木村潤平選手(NTT東日本)


◆小山恭輔選手(Coloplast)


◆森下友紀選手(千葉ミラクルズ)

02 | 2006/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。