FC2ブログ
≪ 2006 01   - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 - - - -  2006 03 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

【サバイバルレースに参戦】

もう何年前になるのでしょうか。オーストラリアにいた時に思わず勢いで
出てしまって死にそうな思いをしたレースがありました。

その名も「SWIM ROCK RUN」


(今回は9枚の写真をスライドにしました)

「SWIM」はおわかりの通り海を泳ぎます。「RUN」はビーチを走りますが。。。
しかし「ROCK」とは。。。岩場を走るんです!

要するにルールは、海を泳いでビーチを走り、たまに岩場も走ってまた今度は
海に飛び込み(たまに岩場から)また泳ぎ、また走りを延々と繰り返します。

私の記憶では、総距離は「スイム4.3KM」「岩場ラン7KM」「ビーチラン17KM」
を分割、分割で行いました。スイムは「1.7/0.8/1.0/0.8KM」の4セクションに
分かれていて、その間をROCK・RUNを繰り返します。

重要なルールは、自分で履く靴を背負って泳ぎ、走るときは足ひれを持って走る。
これが結構大変でした。靴はぬれると重いし、波はかなり高かった(汗)
ちなみに靴下は水着の中に入れました。。。

足ひれは走っているときベルトに挟んでいるのですがこれがまた非常に邪魔で、
途中で友達に預けてしまいました。。。残りに3セクションで泣きをみました。

靴のソールが途中でめくれるは、泳いでいては沖で波にさらわれ横転するはで
とにかくこんな事は「二度とやりたくありません!!」


スポンサーサイト



八尋 大 (ヤヒロ ダイ)

Author:八尋 大 (ヤヒロ ダイ)

ふてぶてしくも日本人短距離スイマー
世界一選手育成を夢見てやまない
競泳コーチ八尋のコーチング日記

◆プロフィール◆
BLAST WAVE aquatics
代表兼ヘッドコーチ

国士舘大学水泳部コーチ
ロンドンパラリンピック日本代表コーチ

BLAST WAVE "ホームページ"
logo_logotypemaker (2)

◆スタート映像


◆クイックターン映像


◆バケットターン映像(水上)


◆バケットとタッチの比較映像





主な個人サポート選手】(2015年現在)

◆木村潤平選手(NTT東日本)


◆小山恭輔選手(Coloplast)


◆森下友紀選手(千葉ミラクルズ)

01 | 2006/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -