≪ 2017 06   - - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - -  2017 08 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


【女子100m自由形にてアメリカ新】

☆またまた突然、復活しました「USCの留学日記」2000年の夏に
私が「南カリフォルニア大学」に留学したときの話です。。。

・・・女子100m自由形でアメリカ新が出ました。54.2(当時)と
とてつもなく速いタイムをジェニートンプソン選手が8年ぶりに
自分の記録を塗り替えたそうです。

彼女は27歳(当時)ベテラン。2番の選手はトーレス選手(33歳)
3番の選手はバンダイケン選手(27歳)です。コスタリカ代表の
ポル選手も27歳で400Frで優勝していました。女子の年齢層は、
何年前かとはまったく違っているのではないでしょうか。

スタンフォード大学の女子はスプリントがとても速かった印象が
ありました。50m100m自由形と100バタフライは殆どが
スタンフォード大学の選手が優勝。年齢層の高い選手や女子を
伸ばすコーチングが興味深い。

最終日には、フェニックスでアシスタントコーチをしている方に
会い話しをする機会があった。そのとき聞いた話は今でも大きな
影響を受けています。

その後、アメリカ最高峰のスプリントチームに行くことを決意する
きっかけになりました。。。


スポンサーサイト

【ジャネットエバンス招待試合前夜】

今日から4日間、USCにて「ジャネット・エバンスさん」の冠のついた
大会が行われます。オリンピック選考会を控えた選手達が大勢参加する
ようです。非常に楽しみです。

ところで、お気付きの方もいらっしゃったでしょうか?これまでこの日記
に登場すべき人が、全く出てこないのを・・・

この留学を実現してくれた、「YOSHI」こと小島毅さんが今日からUSC
に帰ってきました。私がチームにきてから1ヶ月、サンタクララで行われて
いた日本ジュニア代表のお手伝いをしにUSCを離れていました。

本当になんとお礼を言ってよいのか。本当にありがとうございます。
残り一ヶ月ですが、いろいろ勉強させてください!

★ちなみに今、小島さんはF大学のスプリントコーチをしています。
むむむ!私も負けてられません。


【クラウチングの技術指導】

ビルがスタートの練習でレクチャーを始めた。選手は食い入る様に
聞き入っていたが、私も非常に興味深い話なので耳をダンボにして
聞きました。

ここ数年、スタートの方法は劇的に変わり、海外の試合ではもう
両足をそろえて飛んでいる選手を見かけなくなりました。

逆に日本ではクラウチングをしてる選手を探す方が難しいくらい
全く浸透していないのが現状。徐々に取り入れる選手が増えて
きたものの正しい理論に基づいて教える事のできる指導者が
いないのではないかと感じました。

ビルのいうスタート理論を要約しますと:
☆腰の位置は高いところにキープ(腰が下がらないように)
☆前膝は軽く曲げる(伸ばさない)
☆目線は後ろ足(頭を持ち上げない)
☆飛び出しのときは前膝を押し出す(すばやく前に動き出すために)
☆腰のスナップを利かせる(腰をしならせて強い飛び出しを補助する)
☆腕で台を引く(台を引っ張り初動作をつくる)

あたりが重要だといっていました。

*しかしこれも5年前の理論ですので今はまた新しい要素が含まれて
いると思いますが。。。


【ビル・ブーマー氏】

USCにアメリカ水泳協会から「ストロークアドバイザー」たる方が
派遣されてきた。(・・・私の英語理解が正しければそんな役職の方だ)

名前は「ビル・ブーマー氏」。今週一週間、USCに帯同してくれる
そうだ。彼は色々なチームを渡り歩き、ストローク指導を行って
いる人だ。

これは、画期的なのかどうかはわからないが、コーチとしては余り
嬉しいはずはないが、選手にとっては色々な理論を聞けることに
対しては「大きなメリット」があると思った。(選手一番主義!)

彼が特に強調して皆に伝えていることは「姿勢」だと思った。
話に出てくることは、運動力学というか、運動生体学というか・・・

とにかく体の動く機能にあう泳ぎを要求するのである。

例えば:
☆あごの向き
☆頭の角度
☆胸のひらき
☆背中のそり
☆肘の角度
などなど・・・

意外と細かいんだなこれが・・・


【遊ぶ時、泳ぐ時】

昨夜は、選手ほぼ全員に連れられてフライデーナイトの映画を
楽しんだ。それにしても次の日の「朝練」なんてお構い無しで
皆で楽しく遊んだ。

しかし、次の日は決して休むことなく練習をする。切り替えが
本当にはっきりしている。メリハリがしっかりしている。

私も現役時代「遊んだ次の日は絶対休まない」と決めていた!
・・・が(私の現役時代を知る仲間は知っているだろうが)私は
あまり優等生ではなかった。

USCの選手をみていると、本当に素晴らしい!遊ぶのも一生懸命。
もちろん泳ぐのも一生懸命。これが強さの秘訣だと感じる。。。

私がチームをもつようになったら必ず・・・
「よく遊び、そして次の日は必ず練習を頑張る!」
そんなチームにしていきた、と心に誓う。
(私の悪いところは真似をしないように・・・)


【なぜ楽しく練習ができるのか】

今日練習中にオリー(Oli)が話しかけてきた。

「ダイ、我々の練習を見ていてどんなことを学び取れてる?」
という質問を投げかけてきた。

あまりに漠然として幅が広く、たくさんありすぎてこまったが・・・

「みんな辛い練習を楽しんでいるところが日本と大きな違い」
・・・と答えた。

実際昔、私はアメリカで練習をする機会があったが日本とアメリカ
の練習では何かが違うと感じていた。

オリーは即「楽しくなければやめているよ!」と返してきた。
「自分からチャレンジして、自らを高めることが何よりも楽しい」
とも付け加えて。。。(まだ若干20歳前後の若者の言う言葉?!)

確かにアメリカは、少年時代に複数のスポーツを行うのは当然で
いろいろな競技を行う中で大学の時に最終的に好きなスポーツを
選択せざる得ない状況になる時に、プロスポーツの盛んな競技に
流れるのが当たり前の状況だろうが、彼らは水泳を選んでここに
いる。モチベーションが違うのだろうか・・・

日本人だって、「タイムをあげることが楽しみだ」ってところは
一緒なのになぜ彼らは辛い練習をこんなに楽しんでいるのだろうか。

それがわかった時、私の「コーチングの原点」なるものがみつかる
気がしました。


【家族の健康】

今日は日本は8日。母親の誕生日なので、国際電話をかけた。
ここにこれたのも、家族のおかげなので土産はないにせよ、
電話一本でも入れなければバチが当たるだろうから・・・

「家族に変わりはないか」とありきたりの会話をしていたら

・・・弟が盲腸で入院・手術したそうだ。

彼はもともと仕事をし過ぎだ!2連休が週に1度しかない。
生活も不規則だから、今回の入院はいい休養になるだろうと
思った。それにしても可愛そうに。。。

「家族が健康に毎日を過ごすことが、一番大切なこと」(家訓)


話は変わるが、週末に試合があるらしい。かの有名な
現女子最古の世界記録保持者ジャネット・エバンスさんの
冠のついた「ジャネット・エバンス招待試合」が行われる。

ラッキー、ラッッキー♪


【アメリカの五輪予選】

アメリカの五輪代表選考予選会は8月に行われる。

シドニー本大会が9月に行われるのだから、代表は1ヶ月の調整で
本番を迎えることになる。

面白い話を聞いたのだが、アメリカの五輪予選会は、前回の
五輪予選(アトランタ)の後に、コーチたちが投票で決める
そうだ。さすが・・・多数決ですよ!それもコーチの。

今回シドニー五輪予選が8月行われるが、前回までは3月頃
行われていた。

【テーパーについて】

短距離チームのコーチ・レアリー(Larry)に「テーパー期」について
尋ねた。「なにがもっとも大切なのか」(究極の問い)

レアリーは「REST(休息)」と簡単に答えた。これは、わかっては
いるがなかなかできないことだと私は思っていた。

長いグループでは28日間もテーパーをかけるそうだ。3日に一回は
スプリント系の練習を入れてそれ以外は、ストップウォッチは
ポケットの中に入れて出さないという。

筋トレも本人達に任せて、軽い張りが出る程度に抑えて、他の部位を
刺激すると言っていた。


【パワーラック】

今日は初めて見る器具「パワーラック」での練習を行った。



これは、ウェートマシンのようなおもりをワイヤーの先に着いた
ベルトを腰に巻き、引っ張って泳ぐ器具である。

おもりは重さを変えられる、チューブとはまた違った負荷が
かけられる代物で、日本では一度もお目にかかったことがない。

この「パワーラック」を使って浮き上がり(ブレークアウト)
の練習を行っていた。

ジムもブレークアウトの姿勢について、選手ひとりとりに
事細かく選手に説明していた。


【ハッピーバースデイ!アメリカ】

今日はアメリカの独立記念日。道を歩いているとどこからともなく
「ハッピーバースデイ!アメリカ」の声が聞こえてきた。

街中ではお祭りなのだろうが、スイマーズハウスの近くのモールは
どこもかしこも閉まっていて、日本でいう正月のようだ。

しかし練習は普通に、朝練・夕練の二本立て。まあ、これで練習が
休みになられては、私のやることもなく困ってしますので・・・

大賛成♪

しかし、さすがにアメリカン!練習中、マークが突然ある女の子に

・・・「100MFLYで1:04を切ったら、全員残りの練習なし!」

と言って全員プールからあげて、みんな必死に大応援!!!

かなり思い切った案だと思いましたが、選手も皆の期待にこたえて
見事に1:03で泳ぎ、全員大盛り上がりでした。

「ハッピーバースデイ!アメ?リカ♪」


八尋 大 (ヤヒロ ダイ)

Author:八尋 大 (ヤヒロ ダイ)

ふてぶてしくも日本人短距離スイマー
世界一選手育成を夢見てやまない
競泳コーチ八尋のコーチング日記

◆プロフィール◆
BLAST WAVE aquatics
代表兼ヘッドコーチ

国士舘大学水泳部コーチ
ロンドンパラリンピック日本代表コーチ

BLAST WAVE "ホームページ"
logo_logotypemaker (2)

◆スタート映像


◆クイックターン映像


◆バケットターン映像(水上)


◆バケットとタッチの比較映像





主な個人サポート選手】(2015年現在)

◆木村潤平選手(NTT東日本)


◆小山恭輔選手(Coloplast)


◆森下友紀選手(千葉ミラクルズ)

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。