≪ 2017 07   - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - -  2017 09 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


【学生の夏、本格的に始まる!】



毎年、5月の第二週目の土日は

町田市立室内プールにて

関東学生春季記録会が行われます。




毎年この大会が、約半年ぶりの

長水路大会である選手も多く

短水路レースが続いた中の長水路の為

なかなか

うまくいかない事も多いのですが...




夏のレギュラー選考の

重要大会に位置付けられております。




一年生は、久しぶりのレースであることと

新しい生活に慣れはじめてきた頃。

なかなか思うような結果にたどり着かず

気持ちが落ち込んでしまう...

そんな傾向のある大会でもあります。




ただ

そもそも、期待するような結果に

たどり着けるような準備は万全だったのか。




気持ちとパフォーマンスのギャップを

本当に予測できていなかったのか。




それはちゃんと自分自身に尋ねてほしい。




そして、うまくいかなかった選手の

本当の原因は、勿論

トレーニングプログラム的な問題が

無かったとは、私も思っておりません。




ただ選手自身も

与えられたメニューのみをこなす事が

精一杯で

それ以上に何が必要で

何に取り組めばもっと

パフォーマンス伸ばす事ができるのか...




そこまで考えて準備できていたのかと

振り返り...




次にどうすればよいのか

という気持ちに

その後なれたのか...




そして本当の勝負はどこなのか。

見極められているか、いないかは

とても大きな違いになると

私は、信じております。




これまでも

町田でうまくいかず

このままでは

絶対に自分が思い描く夏を

迎えられないと気づいた選手が...




そこから直角に近い成長曲線を描き

夏に大活躍した!

そんな事例を何度も見てきました。




大切なのは

きっとここからです。




諦めれば、終わり。




諦めなければ、変わっていけます。




自分がどの道に進むかは

自分自身で決めることができることを

忘れずまた明日から

頑張っていこう!




今年の夏もどんなドラマが生まれるか

私は、とっても楽しみです。





スポンサーサイト

【ワールドカップ兼日本選手権最終日予選終了!】



仕事の合間を縫って

辰巳にて行われております

ワールドカップ兼日本選手権を観戦しました。



出場した国士舘大学の現役、OBは...

岡島
小坂部
佐藤(暎)
遠藤(太)
菅原
齋藤(暢)
江田
福岡
岡本
守永
二宮

平野
兼成
中野(達)
兵頭

島崎(BLAST WAVE)




4X50 MIX メドレーリレーでは

5位で予選を通過!

世界大会でKOKUSHIKAN UNIV.の名を残し

素晴らしい泳ぎを見せてくれました。




その他、9位以降の日本人選手で泳ぐ

日本短水路選手権決勝にも

駒を進めた選手、多数!

10年前には想像できなかったチームが

ここにありました。




卒業生もパフォーマンスをあげていて

競技水泳の終わりはどこにあるのか...

エンドレスの可能性を感じました。



観戦した感想は

やはり、何事もステップがあるのだなと。




二段飛ばしなんて

なかなかできないものですね。




ステップ1
目標とする大会の標準を切っても
初めはでるだけ。




ステップ2
出場できるようになって
ファイナルを狙うもいま一歩届かず。




ステップ3
やっとBファイナルには出れるようになるも
Aファイナルまであと一歩。




そして、この先も延々と

ステップがあるような気がします。




最近

OBの選手も日本トップクラスの大会に

名をつらねるようになり

粘り強く続ける事で

そのステップを登って行ってくれる事が

とても嬉しく思います。




人間は欲深い生き物で

一段登っただけでも素晴らしいのに

次が見えるとまた登りたくなる。




本当に

いつが最終地点なんでしょうかね?

悔しいと思う気持ちが無くなるまで

続けてほしいと思います。



【三日間の激闘の末に得たものとは...】



シーズンを締めくくる熱い戦いは

男子は、中央大学が

女子は、日本体育大学が優勝!




我々国士舘大学は

男子11点、女子0点で終了。




部分的なステップアップを感じつつも

やはりインカレで戦うに当たっては

まだまだ力不足を感じざる得ない

内容でありました。




よかった部分としては

若手(2年生)が個人で、B決勝に残った事。

リレー三種目で初めて全てB決勝に残れた事。




全体的に層が厚くなってきて

ここ数年、活躍する四年生が抜けても

全体的に戦力が落ちすぎず

それを越えていこうとする選手が増えた事。




嬉しいですね。




ここ数年、ウィークポイントであった

自由形ミドルと背泳ぎに

大きな進歩を感じます。



国士舘 = 短距離といったイメージを

長年かけて作ってきましたが...



選手の努力がそんなイメージも変えて

力強さが生まれてきた印象を感じます。




今年は、カンカレで100点以上を稼ぎ

私が指導を始めてから最高位の2位。

女子も来年も一部に残留!

男女ともにステップアップしてはいますが...




細かな事に目を向ければ

まだまだこれは発展途上中であると

思える事がたくさんあります。




ここ数年感じられることは...

『人は一年でこれほども変われるのか』

ということです。




ものすごい努力の末には

やはり素晴らしい結末が待っている...

そんな当たり前であってほしいことを

証明してくれる選手が増えました。




これからオフに入り

オフがあけたらまた新しいシーズンが始まり

楽しいことだけが待っているわけでは

ありませんが...




どうせやるなら

灰になるまで燃え上がって

最後に学生水泳を振り返ったときに

胸を張れるような終わりをむかえてほしい。




最後に四年生。

本当にお疲れ様でした。。。

思うような結果に導けなかった選手

本当に申し訳ありませんでした。




ただ

皆が頑張った日々は

決して無駄なことではなく

将来に必ず役に立つことばかりです。




それは今はわからないかもしれませんが

いつか必ず。




君たちは昨日

大学水泳を引退しましたが

水泳は生涯スポーツです。




またプールに戻ってきてくれることを

首を長くして待っていますね。

今はひとまず、お疲れ様でした...




【インカレは、四年生の底力が...】



インカレ二日目終了。




カンカレとは違い

なかなか思うようにインカレでは

戦わせてもらえませんね。




シードを死守しなくてはならないチームの選手と

自分の名誉のために泳ぐ選手の

使命感というか

緊迫感というか

違いますね。覚悟のレベルが...




ただ、リレーメンバーと四年生は

背負うものの大きさが違いますから

粘りというか

集中力の度合いというか

我々のチームの中でも、桁が違うような。




今日は、四年生の底力を感じました。




主将の小坂部選手。

これまで卒業していった先輩たちを

越えるべく

これまでチームを泳ぎで牽引し

むかえた今日。




100バタフライ。彼らしい攻めの泳ぎも

最後失速して目標に届かず...

その後のメドレーリレー。




心が折れてもおかしくない場面での

怒濤の泳ぎ... FLY 52.6!

見事、16位でB決勝に滑り込みました!




B決勝でもチームを引っ張り

1つ順位をあげて15位でフィニッシュ!

感動しました!




そしてリレーではもう一人の四年生...

毎年、インカレでは影を潜めている

国士舘が誇るスーパースプリンター

裏シーズンのエース

四年生、岡島選手を四年目にして

このB決勝で、リレー初投入。



ジャパンやワールドカップで

表彰台に幾度か上った功労者が

インカレで初めてチームに

ポイントを加える事に貢献してくれました。

これもまた一つ感動!




明日は最終日。

良いことばかりではありませんが

また明日も

皆の素晴らしい泳ぎを期待してます!

オヤスミナサイ…

【大学生日本一決定戦 in 横浜 開幕!】



先日行われましたパンパシフィックや

今月から開幕するアジア大会に参加する

いま旬の大学生たちが集う

歴史も長いこの大会... インカレ開幕!




国士舘大学の選手たちも多くが参加。

B決勝、決勝を目指して頑張っております。




本日は、400フリーリレーで14位でB決勝へ!



昨年は、惜しくも残れず...でした。




昨年のメンバーとは総入れ替えでしたが




一人一人が力をつけ

現チームの層の厚みがある事を

証明してくれました! 嬉しいですね。



先輩たちの背中を見て

後輩たちが、それを越えていく姿は

目を見張るものがあります。



これが今度は、スタンダードとなり

またスタンドで応援していた学生たちが

それをも越えていく頑張りを...

来年も見せてほしいと願います。




明日、明後日も、

選手たちの成長をみれる事を

楽しみにしております。




それにしても

緊迫感のあるレースで力を発揮する事って

本当に難しいですね。

【オープンウォータースイム 海の日本王者決定戦!】



ご報告が遅くなってしまいましたが…




先日の日曜日に、千葉県の館山にて

オープンウォータースイム いわゆる「海の競泳大会」の

日本一決定戦が行われました!




オリンピック競技にもなっているこの種目ですが

お世辞にもメジャー種目とは言えませんが…

それゆえに、今後とても注目の競技で

まさに日本では発展途上中の種目です。




私が、オーストラリアに留学していた時は

毎週どこかのビーチで大会が行われていて

当日エントリーが可能だった為

天気と相談しながら

早朝に2~3kmぐらいのレースに

気ままに参加しておりました。




そんな経験を選手たちにも味わってほしく

11年ほど前から

(当時はジャパンオープンではありませんでしたが)

国士舘大学の選手を連れて

当大会に参戦しておりました…




昔は、ジャパンオープンにも、リレーがありまして

何度か優勝した事もありましたが

今は、10kmと5kmのみとなってしまい…




昨年は、10kmに3名(阿久津/成瀬/松下)



今年は、10kmが2名(阿久津/松下)

5kmに6名(植木/水野こ/横谷/中田/西内/千国)



が参戦致しました。




この大会では

1.25kmの周回コースを

10kmの選手は、8周。

5kmの選手は、4周します。




10kmの選手は、給水する事ができます。



トップ選手の給水テクニックは、素晴らしいですよ!




レース展開や戦略は、海のコンディションや

相手の人数や周回数などなどで

変わってくるようで…




優勝選手は、泳ぐ前から

10通りのプランを立てていたそうです。




来年も是非、もっと多くの選手を連れて

オープンウォータースイムを

盛り上げていきたいと思っております!




選手の皆様、関係者の皆様

お疲れさまでした。

また来年も、頑張っていきましょう!


(松下選手、昨年に続き完泳し女子12位)


(初出場 水野こ選手13位、植木選手8位)


(こちらも初出場 中田選手16位、横谷選手14位)


(先頭から15分以内に滑り込みセーフ、西内選手)


(カットオフタイムに間に合わずも完泳、千国マネージャー)


(10kmの部、今年も完泳、阿久津選手19位)

お疲れさまでした。

【ジャパンオープン 辰巳国際水泳場に開催中!】


日本選手権(長水路)、日本短水路選手権に次ぐ

全国大会 ジャパンオープンが

本日より辰巳国際水泳場にて開幕致しました。




国士舘大学からは、現役14名、OB4名

☆初出場は5名です。

④岡島 佑樹
④小坂部 聡士
③南原 一樹
③遠藤 太陽
③齋藤 暢力☆
③福山 直人☆
③田中 宏樹
③菅原 洋人☆
②岡本 悠希
②二宮 大地☆
②守永 隆

③福岡 夏菜恵
③江田 佳子
②岩瀬 葉月☆

OB
平野 修也 (東京消防庁)
兼成 憲太 (NECGSC溝の口)
中野 達也 (スウィン上尾)

島崎 将太朗 (BLAST WAVE)※休学中




初日は、初出場の菅原選手が

B決勝に進み、BESTを出して15位でした!




昨年までは、ジャパンオープンどころか

インカレにも出れなかった選手の地道な積み重ねが

ここに来て開花した事が。。。

自分のことのように嬉しく思います。

洋人、おめでとうヽ(´ー`)ノ お疲れ様。




【七連覇達成!応援ありがとうございました】


昨日は、国士舘大学メープルセンチューリーホールにて

東日本理工系学生選手権が行われました。




ここ近年、水泳部員の8割近くは

理工学部の選手で構成されている我々は

2008年からこの大会での総合優勝を守り続け




今年も無事優勝することが出来ました。

七連覇達成!!



昨年から、ホームプールで開催される事になった

この大会を勝ち続ける意義は…

非常に大きいと思っております。




内容も良かったですね。BEST多数!

来週、再来週、その次と

どんどんレースが続きますので…




尻上がりによくなっていくように

私も張り切っていきたいと思います!






※報告 笹沼アシスタントコーチより

◆男子400mMR
53.91 守永
1:01.90 岡本
55.31 岡田
52.16 石川

◆女子200mMR
31.35 熊野
33.57 岩瀬
27.99 水野ま
26.50 沖津

◆800mFr
9:09.21 澤井

8:48.78 濱
8:26.51 松浦
8:27.91 阿久津

◆400mIM
4:22.19 二宮
4:29.06 山本
4:21.89 大村

◆100mFr
57.84 水野ま
59.21 和泉

50.60 石川
53.10 大久保
54.87 丸橋
54.37 水野こ
56.47 横谷
51.97 菅原
53.35 伊能
51.74 遠藤ふ
50.50 佐藤え
51.96 関谷
52.00 田中ゆ

◆100mFly
1:04.07 沖津

1:02.56 畔上
55.13 五十嵐
55.13 西内
56.64 越塚
59.82 佐藤し
55.79 岡田

◆100mBa
1:08.59 熊野

58.04 植木
57.95 鎌田
57.74 守永
55.85 田中こ
1:01.34 相澤
1:00.34 遠藤ゆ
58.64 高岡

◆100mBr
1:13.14 岩瀬

1:02.72 南原
1:05.77 加賀田
1:09.58 照井
1:00.09 岡本

◆400mFr
4:31.82 澤井

4:15.22 濱
3:54.37 原田
3:58.68 安河内
4:06.81 松浦
3:59.66 鈴木よ
4:04.96 阿久津
4:06.64 田部井

◆女子200mFrR
27.11 水野ま
26.59 沖津
27.26 澤井
27.65 和泉

◆男子200mFrR
23.40 佐藤え
23.34 五十嵐
23.66 伊能
23.96 田中ゆ

◆200mFr
2:10.61 坂本
2:07.02 和泉
2:04.44 水野ま

1:52.86 鈴木よ
1:53.39 安河内
1:55.49 大久保
1:56.00 原田
1:50.18 遠藤ふ

◆200mFly
2:06.52 越塚
2:04.77 高野
2:08.34 田部井

◆200mBa
2:11.12 遠藤ゆ
2:12.02 相澤
2:08.50 植木
2:07.16 高岡
2:09.23 鎌田
2:00.74 守永

◆200mBr
2:44.39 島村

2:22.60 岡本
2:15.99 益子
2:18.07 馬場
2:19.10 武藤

◆200mIM
2:09.31 加賀田
1:59.89 二宮
2:02.45 大村
2:03.64 田中こ
2:05.16 山本

◆100mFr決勝
50.45 佐藤え
50.31 石川

◆100mFly決勝
55.14 西内
55.02 五十嵐

◆50mBa
30.58 沖津
31.02 熊野

◆100mBa決勝
53.13 守永
58.47 田中こ

◆50mBr
岩瀬 34.47

◆100mBr決勝
59.81 岡本
1:01.40 南原

50mFr
25.46 中田
23.25 石川
23.38 佐藤え
24.98 水野こ
24.15 八巻
25.93 畔上
24.94 横谷
24.90 丸橋
23.91 田中ゆ
23.91 関谷
23.84 伊能
23.54 菅原

◆女子400mFrR
57.96 沖津
58.59 水野ま
59.31 和泉
1:00.10 坂本

◆男子800mFrR
1:50.05 原田
1:51.24 遠藤ふ
1:52.50 田中こ
1:49.92 二宮

【初モノが続いたインカレ終了!】



インカレに初めて出場した者あり

インカレで初めて決勝、B決勝に進む者あり

メドレーリレー、800フリーリレーでは初めてB決勝!



前半戦は、四年生の大活躍でチームを引張り

後半戦は、四年生以外の選手たちが活躍。




四年生の最後の奮闘と、来年への期待…

とても充実した、大会でした!




思うことはたくさんありますが

それはまた後ほど。




◆400IM
5:11.77 松下

4:40.21 大村
4:39.61 山本
4:34.19 福山

◆100Fr
58.96 江田
58.68 水野真

53.04 増田
52.39 嶋田
52.08 石川

◆100Ba
58.99 須貝
58.72 田中宏
58.29 井田

◆200Br
2:41.12 小林
2:33.83 岩瀬

2:22.99 布施
2:22.85 岡本
2:21.29 松崎

◆800FR
2:07.38 水野真
2:05.83 澤井
2:07.60 菊池
2:09.30 松下
8:30.11

1:54.49 田中宏
1:53.25 遠藤
1:54.46 二宮
1:54.63 中道
7:36.49

◆800FR B決勝
1:54.83 田中宏
1:53.75 遠藤
1:54.30 二宮
1:54.65 中道
7:37.53⑮

【ビックウェーブに乗り、最高の二日目!】



一日目の50Fr B決勝に続き

二日目は、決勝二種目、B決勝二種目

その四種目全てが初の決勝、B決勝!




その活躍のみならず…




内容を含めて一人一人のパーフォーマンスや

選手、OBOG、ご父兄の皆様の応援も

すべてにおいて、最高でした!




最終日も、選手全員、悔いのない泳ぎを

期待しております!




◆200Fr
2:11.83 篠村
2:09.53 菊池
2:07.59 水野

1:56.27 石川
1:55.13 中道
1:54.18 田中宏

◆100Fly
1:04.27 北川
1:01.41 坂戸 ⇒B決勝
1:00.43 三原 ⇒決勝

55.68 岡田朋
54.49 小坂部
53.33 井田 ⇒決勝

◆200IM
2:25.79 田所

2:08.27 福山
2:08.23 山本
2:07.02 二宮

◆800Fr
9:29.97 有馬
9:11.77 松下
9:04.19 澤井

◆1500Fr
16:20.91 木津
16:11.40 遠藤
15:54.38 松浦

◆400MR
1:07.74 松下
1:11.49 岩瀬
1:01.19 三原
0:58.62 水野
4:18.94

0:58.87 田中宏
1:02.26 水本
0:52.94 井田
0:51.28 岡田哲
3:45.35 ⇒B決勝

◆100Fly B決勝
1:01.55⑮ 坂戸

◆100Fly 決勝
1:00.56⑤ 三原

53.88⑧ 井田

◆400MR B決勝
0:58.61 田中宏
1:01.78 水本
0:53.59 小坂部
0:51.18 岡田哲
3:45.16⑮

八尋 大 (ヤヒロ ダイ)

Author:八尋 大 (ヤヒロ ダイ)

ふてぶてしくも日本人短距離スイマー
世界一選手育成を夢見てやまない
競泳コーチ八尋のコーチング日記

◆プロフィール◆
BLAST WAVE aquatics
代表兼ヘッドコーチ

国士舘大学水泳部コーチ
ロンドンパラリンピック日本代表コーチ

BLAST WAVE "ホームページ"
logo_logotypemaker (2)

◆スタート映像


◆クイックターン映像


◆バケットターン映像(水上)


◆バケットとタッチの比較映像





主な個人サポート選手】(2015年現在)

◆木村潤平選手(NTT東日本)


◆小山恭輔選手(Coloplast)


◆森下友紀選手(千葉ミラクルズ)

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。